ディマシュ・クダイベルゲン/ Dimash Kudaibergen  

公式 ディマシュ ジャパン ファンクラブ/ Blog by Dimash Japan Fan Club Official

【アーカイブ】 Ogni Pietra [Olimpico]

母国カザフスタンは言うに及ばず、中国・ロシア・CIS加盟国で大ブレイクを果たしたディマシュ・クダイベルゲン(Dimash Kudaibergen)

明日、5月24日で26歳になる、中央アジアカザフスタンの若きシンガーです。

f:id:DimashJapanfanclubofficial:20200523113208j:plain

残念ながら中止になってしまいましたが、今年の5/23・24(まさに今日明日!)に開催されるはずだったHNKホールでのTOKYO JAZZフェスティバルに出演が決定しており、来日予定でした。
アジア、ヨーロッパ、NYでもソロコンサートツアーが大盛況です。

 

世界中でブレイクし始めているディマシュ・クダイベルゲンは、ごく幼いころから音楽の専門教育を受けて来ました。


彼はアクトべ音楽大学カザフ国立芸術大学クラシック音楽現代音楽を学びました。現在(2020年)国立芸術大学修士課程で引き続き作曲を学んでいます。

大学卒業時にアスタナオペラから職業としてのオペラ歌手への道をオファーされましたが、在学中からすでに国際的な評価を受け歌手活動をしていたディマシュは、新しい音楽世界の道を自分で切り開いていく決意をしていました。

ディマシュ・クダイベルゲン

ディマシュ・クダイベルゲン

身長190センチの長身

12の言語を用い、ポップからロック・ラップまで歌いこなすディマシュですが、彼の真骨頂が発揮されるのは諸意見あれどもやはりクラシック系統の歌かもしれません。

 

2018年11月以降、ロシアの著名な作曲家Igor Krutoy(イゴール・クルトイ)氏とのコラボレーションが始まり、クルトイ氏の紡ぎだす曲に乗せてディマシュの歌にはクラシックの色彩を帯びたものが増え始めました。

 

代表的とも言えるのが、2019年6月21日 ベラルーシミンスク)ヨーロッパ競技会の開会式で初披露されたOgni Pietra [Olimpico] でしょう。

まるで男女取り混ぜて何人もの人間が交互に歌っているかのような広い音域、

七変化するかのようなこの歌唱は、すべてディマシュ・クダイベルゲン一人のものです。

Igor Krutoy氏作曲、Lilia Vinogradova氏作詞

www.youtube.com

もうひとつ動画があります。

こちらは、WorldSkills Kazan 2019で歌われたもの。

こちらのほうがアップが多く、表情や声帯の使い方などがわかります。

www.youtube.com

ディマシュ・クダイベルゲンの歌をもっと聴きたいと思って頂けた方は、ぜひ本人のYouTubeチャンネルへお越し下さい。
そして、チャンネル登録をして頂けると幸いです。

↓↓↓

Dimash Kudaibergen - YouTube

 

 

ディマシュ・クダイベルゲン

ディマシュ・クダイベルゲン

ディマシュ・クダイベルゲン

ディマシュ・クダイベルゲン

ディマシュ・クダイベルゲン

↓↓ ロシアのBig Opera 2016 TVコンペティションのゲスト歌手として、Sundet Baigozhinとともにカザフスタン代表として歌ったノートルダム・ド・パリ

www.youtube.com

ディマシュ・クダイベルゲン

Andrea Bocelli氏と楽屋で

ディマシュ・クダイベルゲン

Andrea Bocelli氏と楽屋で 2

www.instagram.com

www.instagram.com

 また、ディマシュは2019年12月のロシアでのロシア国立音楽賞【ビクトリア】にて、“Singer of the Year in Classical Music”を受賞しています。

f:id:DimashJapanfanclubofficial:20200622101822j:plain

dimashkudaibergenjapan.com