ディマシュ・クダイベルゲン/ Dimash Kudaibergen  

公式 ディマシュ ジャパン ファンクラブ/ Blog by Dimash Japan Fan Club Official

【会員寄稿】ディマシュの歌*Mademoiselle Hyde

【会員さん寄稿】

公式 ディマシュ ジャパン ファンクラブ会員のNさんご提供コラムです。

Nさんはご自分のブログでディマシュの広報活動に頑張っていらっしゃいます。

感謝!

以下 Nさん寄稿

ディマシュの歌*Mademoiselle Hyde

 

 
どの曲も好きだけど
 
 
この曲の、ミステリアスな雰囲気が
本当に好きです。
 
 
Mademoiselle Hyde=マドモアゼル・ハイド
 
「ジキル博士とハイド氏」をモチーフにした曲のようです。
 
 
小説は残念ながら、読んだことがありません。
面目ない(^^;
 
 
まあ、なんとなくの知識では、二重人格の話?←毎度ざっくり。
 
 
図書館行って借りてこよ。
 
 
作曲は、大分お馴染みになりましたでしょうか、イゴール・クルトイ氏。
 
そして、こちらもまたまた登場のララ・ファビアンさん作詞で、ご本人が2010年に歌った曲。
 

 
 
それを2019年にディマシュがカバーして、発表しました。
 
アレンジや、コーラスなどは
ほぼ原曲と同じですが
 
 
歌詞が少し異なるようです。
 
 
ララさんはMR.Hydeに心奪われた女性目線
 
 
ディマシュが歌うときは、ディマシュ自身が「ジキル博士とハイド氏」という設定になるのでしょうか。
 
Don't approach me
Don't touch my skin
I will burn you alive
I've regret it
Though I hate it
I am Mister Hyde
 
私に近づかないで
私の肌に触れないで
あなたを生きたまま燃やしてしまうから
 
私は後悔している
そんな自分が嫌いだけれど
私はミスター・ハイドだ・・・
 
 
小説のジキル博士とハイド氏になぞらえて
 
 
表と裏の顔を持つ男性を愛してしまった女性に対して
 
 
それを拒みきれない表の男性の弱さと
 
 
来るなら来いよ、とも聞こえる裏の男の狡猾さ
 
 
そんな風に読み取れます。
 
 
 
でも
 
 
 
女は悪い男に惹かれるものなのです。
 
 
MR.《Dimash》Hydeに愛されるのなら
 
生きたまま燃やされても・・・と、思わず考えてしまいます。
 
 
Mademoiselle Hydeになりたい、と望んでしまいます。
 
 
ダメですね笑
 
 
曲の話に戻りますが
 
 
現在休止中ですが、今年のディマシュのソロコンサートでこの曲は毎回演奏されていました。
 
 
それだけディマシュもお気に入りで
Dearsにも人気の曲です。
 
 
 
今回ご紹介の動画では
ラストのサビの
 
You approached me
You touched my skin
Now you're Mademoiselle Hyde
 
 
が、秀逸です。
 
 
 
一番上の動画は、2019年New Waveというコンテストにゲスト出演したときのものです。
 f:id:DimashJapanfanclubofficial:20201016000545j:plain
  
間奏部分でコーラスのお姉さんの目が
 
ディマシュを見つめて❤️になっています。
 
完全に余談でした笑
 
 
下のは、ロシアのテレビ番組のものです。これも2019年です。

f:id:DimashJapanfanclubofficial:20201016000633j:plain

スタジオのそれほど大きくないステージで
力一杯歌っている姿が素敵です。
 
この曲ではこの動画・歌唱が一番好きです。
↓↓↓

https://www.youtube.com/watch?v=tXR1GCsLTSw&feature=emb_err_woyt

 

 

ディマシュの公式YouTubeには
他のバージョン(キエフコンサートのバージョンなど)もあるので、
お気に入りを探してみてください。