ディマシュ・クダイベルゲン/ Dimash Kudaibergen  

公式 ディマシュ ジャパン ファンクラブ/Blog by Dimash Japan Fan Club Official

【初来日一周年記念】Dimash in Japan【会員寄稿2】

 【公式 ディマシュ ジャパン ファンクラブ会員寄稿 その2】

f:id:DimashJapanfanclubofficial:20201114014512j:plain

去年の11月、初来日したDimashを成田でお出迎えした、公式 ディマシュ ジャパン ファンクラブ会員Kさんの寄稿文です。

■Kさんの場合■

以下 寄稿文

 

「私の人生最高の思い出」

DIMASHを知ったのは まだYouTubeでもあまり見かけなかった頃……

少ないYouTubeの動画を何度も繰り返し見ていて
まだ情報もほとんどない頃でした。

彼は何処の国の人???

何歳???

知らないことだらけ

だから私にとったら遠い遠い存在…。

後にちらほらと増えてきた情報から

どうやらカザフスタンの人だと知ったけれど、

カザフスタンってどこ😅?状態


そして私は「ママは、生きているうちにDIMASHの生声を聴くのが夢」と家族に宣言していました😅

「夢」と語ってしまうほど、遠い存在だったんです🌹✨ 

そしてFacebookで知った来日💦

「何かの間違いじゃないか?」と目を疑い、

何度も繰り返し読み直し情報を集めました💦


実は、現在20歳になった次男もSCREAMINGが出た頃からDIMASHのファンで、
「ねぇ!!大変💦DIMASHが日本に来るって!!ほら」と、息子に来日の情報の記事を読ませたら
「かぁちゃん、それは行かなきゃ、絶対に行こ!!」
と言ってくれたのは心強かったです😌

 

来日の日が近づくにつれ、心臓が口から飛び出そうなほどドキドキ💦

息子と一緒にDIMASHへのプレゼントを買いに出かけたり…。

でも夢のようで現実味がなくて😅
(だって遠い遠い存在ですから)😅

息子はサインをもらいたくて、色紙を用意!!

私は日本の柄のアイマスク👍🏻


本当に会えるのか……

夢なんじゃないか……

ドッキリ?

なんて思いながら当日を迎えました💦

もちろん私も息子も興奮で眠れず😂

たまたまDearsの中に同じ街の方がいて、車で一緒に連れて行ってもらうことになり

一睡もしていないのに目がランランで成田までの道のりをDIMASHの話で盛り上がり、
車内はDIMASHの曲が流れ、それでもまだ夢心地…。

 

空港に到着してから同じDearsを探し目的地のゲートに到着💦

DIMASHなかなか来ない……💧

不安もあったけど他のDearsたちは大きなウェルカムボードを持っていたり、お花を持っていたり、カザフスタンの国旗を持っていたりしていたので

本当に来るんだ💦

DIMASHが、あのDIMASHが、ここに来るんだ💦

と、じわじわ実感💦 

耳にイヤホンを付けた、どうやら現場を仕切る人か、そんな人が増えてきて周りをまとめだし

そろそろ到着なのか

周りがザワザワし始め

緊張MAX💦

 

そして遂にその時が!!

f:id:DimashJapanfanclubofficial:20201113091900j:plain

私は立ちすくんでしまい声も出なかった。

あの、動画の中でしか知らない、人間離れした歌を歌う人がいる💦

同じ空間に?

身体が震えてフラフラと息子に寄りかかって支えてもらいながら立っていた💦


私達が立っていた場所は通らない予定だったのに、DIMASHはわざわざ こっちに来てくれて、私達の所へと来て、隣にいた息子にサインもしてくれた😳

f:id:DimashJapanfanclubofficial:20201114010518j:plain

「嘘でしょ?!」

わずか1メートル以内に遠い遠い存在の人がいる😳

息子も183センチと高身長だけど、190超えのDIMASHはその息子より大きかった。

肌の色は透き通るほどキレイでサングラスの隙間から見える目がキレイで

目の前にいるのに言葉も出ず硬直していました😳

美しすぎて……😳

時々聞こえるDIMASHの「Thank you」は生の声

なんか文章で伝えきれない💦

f:id:DimashJapanfanclubofficial:20201114013700j:plain

目の前にいたのに

まだ夢のようで

時々 あの日の動画を見るけど

それでも夢のよう😅

いつになったら現実と思えるのか分かりません😅

 

サインをもらった息子は

「これは2人の宝物だね」

と言ってくれて、DIMASHも最高だけど君も最高だ!!なんて思いながら

この来日の日の思い出は2人にとって大切な宝物になりました。

 

ちなみに動画を見直すと、(「声も出なかった」と思っていたのに)

私はバカでかい声で
「DIMASH!!」

と何度も叫んでいました…😅。

そこは本当に記憶がない中で叫んでました😅

 

DIMASH来日から帰国までほんの数日

寝たら夢になってしまう気がして

ほとんど眠れないまま😅

でも
やっぱり夢だったのか……🤔

なんて今でも思ってしまいます😅

★★★

以上、公式 ディマシュ ジャパン ファンクラブ会員Kさんの体験寄稿でした。 

★★★

dimashkudaibergenjapan.com

f:id:DimashJapanfanclubofficial:20201109213453j:plainf:id:DimashJapanfanclubofficial:20201109213529j:plain

f:id:DimashJapanfanclubofficial:20201109213555j:plainf:id:DimashJapanfanclubofficial:20201109213634j:plain