ディマシュ・クダイベルゲン/ Dimash Kudaibergen  

公式 ディマシュ ジャパン ファンクラブ/ Blog by Dimash Japan Fan Club Official

【音源あり】6/3 FM桐生 Dimash2曲【書き起こし】

f:id:DimashJapanfanclubofficial:20210604132317j:plain

◆2021年6月3日、

ラジオ「FM桐生」内の番組モアミュージックさんで2回目の"カザフスタン特集"が組まれ、ディマシュの"Be with me""Know"が放送されました。

◆本記事は、その放送(カザフスタン紹介部分)の「日本語書き起こし」です。

◆ラジオ音源は本記事の末尾にあります。(掲載許可済み)

↓ 番組プログラム

f:id:DimashJapanfanclubofficial:20210602221410j:plain

↓ パーソナリティの加藤さんと山本さん

いつもありがとうございます!

f:id:DimashJapanfanclubofficial:20210604121626p:plain

以下 日本語書き起こし

Y:FM桐生市民制作番組 ギミアブレイク この番組は街を愛する人たちで作る
町とあなたが主役の番組です。

中略

「モアミュージック 世界のミュージックシーン」

k:ここからは、世界各地の音楽シーンから、毎回テーマを決めて選りすぐりの音楽をお届けします。

k:一年ぶりのカザフスタン。

y:お待たせしました。カザフスタンですね。

k:今日は、Dimashを二曲かけるので、それで時間がないんですね。(笑)

まず、最近のポップスから曲行きたいと思います。

シンガーソングライターであり、女優でもあるZIRUZA

y:ジルザさん。

kジルザの「Kobelek」( 註:Зируза – Көбелек)という曲ですね。

昨年のヒット曲らしいです。サウンドは、北欧系のエレクトロサウンドっていう感じかな。(ええ、そんな感じがありますね)

この人、息を吸う音が結構強いんですね。だから、息を吸う音も完全に"ノリ"の中に、"装置に入っている"っていう感じですね。

吸い込む音も注意して聞いてもらうといいと思います。

y:わかりました。一曲目、ジルザで、「コベレック」。

曲 Ziruza - Kobelek / Зируза - Көбелек

youtu.be

k:カザフスタンのジルザで「コベレック」。

y:kobelek(Көбелек)は 蝶々のことなんですね。

k:なぜか、ちょうちょなんですね。

すごく都会的なサウンド。

日本の一般的な人って、カザフスタンというと、あまりこういうイメージではないんじゃないですかね。

y:ん~、ねぇ。カザフの音楽を聴く機会がないですからね。

k:すごく洗練されて、言葉が違うというだけで、サウンドはすごく洗練されて、いいサウンドになっています。

 

さて、このカザフスタンのポピュラー界に革命を起こしたといわれているのが、Ninty One

y:次のNintyOneですね。

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

NINETY ONE(@ninetyone)がシェアした投稿

k:山本さんは随分詳しいんじゃないですか?

y:いえいえ、そんなことはないんです。(謙遜) 

今回、また、"どんな感じの曲が(カザフスタンで)流行っているのかな"と調べたら、やっぱり、国策として、国策と言ってはおかしいですけれども、こう、「売り出していこう!」みたいな感覚で。

Nintyoneは、カザフスタンの独立した年が1991年なので、そこからグループ名をとったんですね。すごいですねぇ。

K:そうなんですね。ソ連から独立したのが1991年。

y:ですから、"いわゆるK-popのBTS的なところをめざしたのかしら?"と思って、何枚か、今回聴いてみました。

k:実際K-Popに対抗して…。

カザフスタンは、いま、文字を"キリル文字"から"ラテン文字"表記に変換しているところで。

カザフスタン、カザフは「Қ(髭付き)」から始まるんだけれども、キリル文字表記をラテン文字表記にそのまま移行すると「Q」になる。(y:Qになるから~。)

↓ ブログ内参考記事

dimashjapanfanclubofficial.hatenablog.com

それなので、"Q-pop" という。

これも、このNintyOneが出てきて翌年に、ファンの人かな?

ファンの世界が"Q-Pop"と言い出した、と言うことのようです。

で、今日はNintyOneの最新曲。

y:最新ですね。以前より急にポップな感じになっていて、"あれ~?"と。

k:今までは、エレクトロニクス系のサウンドが多かったんだけど(y:そうですよね、ヒップホップとかねぇ)

今回は完全にバンドサウンドです。

y:そうなんですよ。そこがまた"あれ?どうしたんだ、この変化は?"と思いました。

k:人数は4人で、それぞれの歌とラップも入ってきます。
「キアルミアン」

y Qiyalmanきやるまん    

k 「ゆめ」 (y:ドリーマー。)「夢を見ている」とか「ゆめ」とか。

つまりオンライン上の「ネットフリーク」で、歌詞は、「“大変だわ”ママが言う“あなた ネットフリックスよ!”」というところで終わってます。

「日々が過ぎ、眠れぬ夜、すべてを奪ってしまった もう一つのスリラー」 
というような歌詞になっています。

要は、「ネットに夢中になってて、お前、現実を見てないじゃないか」*1

y:そこで、皆さん、今よく取り上げていますよね。

k:バンドサウンドになったと言うことは、ちょっとコロナで、なかなか、人の繋がりがなくなっているところで、ヒューマンなところを見たかったのかな、という気もします。

では、行ってみましょう。

y:NintyOne "キアルマン"

youtu.be

k:楽しい曲ですね。

y:ポップで明るい

k:健康的な曲ですね。
(DJFC註:Қиялは 想像、空想、イマジネーション。心中に持つ将来の夢、未来への希望としての夢の方に使われるАрманアルマンとは別の言葉です)

 

k:続きまして、いよいよDimash です。

この番組で今度4回目の紹介になります。

簡単にプロフィールです。

「カザフスタンが生んだ、国民的かつ国際的なスーパースターDimash。

6オクターブを超える音域をもち、ラップからロック、そしてオペラまでを異次元のレベルで表現する奇跡のボーカリスト。

先月27歳になりました。」

y:そうなんです、おめでとうございました(k:おめでとうございます。)

k:「自国のカザフスタンに強い愛情を持ち、音楽の道に突き進んでいます。

2019年来日。ABU TVソングフェスティバルIN TOKYOに出演されました。」

youtu.be

Dimashの曲は、

今日はまず、先ごろ、先月かな、発表された "Be with me"

f:id:DimashJapanfanclubofficial:20210604130702j:plain

y:“あッ!ディマシュもやっぱりこういうのをやってくれるのね❤”という感じの曲ですよね。

k:そうですね。何でもできるので。

およそ人間が創造できる声の形、

低いところも上も、

女性の声も何もかも、

"人間が創造するものは、ほぼみんな全部できるんだろうな"という、

とんでもない、とんでもない声帯ですよね。

y:ですよね。

MVのプールのシーンで、思わず…もう"ワシヅカミ"に。

f:id:DimashJapanfanclubofficial:20210604133803p:plain

k:体もすごい、いいですよね。

y:えええ!カッコいい(喜)!

k:運動神経も抜群ですね。

今回のMVは サスペンスバージョン。(y:よくできてますよね)

高級ホテルのパーティで、悪党に追われながら、あれ、追われてるっていうより"悪党を散らしながら美女をゲットしてしまう"という、そんな内容です。

f:id:DimashJapanfanclubofficial:20210604133728p:plain

y:ディマシュさんだから、許せますよね。

K:ディマシュだからね。

f:id:DimashJapanfanclubofficial:20210604130533j:plain

途中に、女性の"ため息"のようなコーラスが入ってきます。これは、女性だと思いますが、ほかは、全部ディマシュ(の声)だと思います。

声はね。

通常この曲を普通の歌手、ラッパーがやるとなると、10人くらいの「個性」ある人がたぶん必要になると思いますよね。

"それを全部一人でやっちゃってる"と言うことを頭に入れて聞いて頂けると、どれだけすごいのか、わかると思います。

youtu.be

k:Dimash新作の"Be with me"聴いて頂きました。

マイケルジャクソンを尊敬していると言うことで、この曲も、マイケルジャクソンの"BAD"のリフに似ている。(ふむふむ)

リスペクトというか、ちょっとMJオマージュっていう感じも受けましたね。

youtu.be

k:そんなディマシュですが、次の曲は打って変わって"Know"

ロシア読みは?

y:ロシア読みは、ЗНАЙ「ズナイ」

k:ズナイ…

キリル文字で書いてあるから読みにくいです。

y:読みづらいです。

k「わかってるよ」とか、「分かって」とか、そういう訳らしいのですが、何しろ、単語一個なので、意味合いがやっぱり(解釈によるので)直訳ではなかなかわからないですけれども。

ロシアの作曲家、イーゴル クルトイ。イゴールという読み方もありますけど。

この曲に関しては、ディマシュジャパンファンクラブさんに直前になって相談して(いつもありがとうございます)。わからないんですもの。大変苦労して、教えていただきました。御礼申し上げます。

f:id:DimashJapanfanclubofficial:20210604134916j:plain

イーゴル クルトイがベルギー出身の女性歌手ララ ファビアンのために作った曲が元です。

y:ララ ファビアンよく聞きますね。

k:前回取り上げた"疲れた白鳥の愛"、それもララ ファビアンの曲をディマシュが歌ったものでした。

今回の"Know"は、ララ ファビアンが2010年に作ったアルバムの中に入っているのですが、その時はスキャットですね。Vocaliseというタイトルで。

youtu.be

ヴォ―カリーズ自体が、スキャットのようなものですね。その時は、歌詞がなかったものを、今回は…

y:歌詞が付きました。

k:グツリエフさんというロシアの作詞家が大変立派な歌詞を付けて、ディマシュが歌っています。

y:2019年に。

k: 2019年にリリースしてますね。ロシア方面で。

コンサートでも何度も歌っているんですけど。この曲も素晴らしいですね。

y:もう、壮大ですよね(感嘆)

f:id:DimashJapanfanclubofficial:20210604130458j:plain

k:最初、地味なんですけど(ほんとに)、どんどんどんどん、クライマックスに向かってですね、もう、表情が変化してます。

冒頭で、アルメニアの縦笛 Duduk が出てくる。リード楽器なんですけれども、ちょっと珍しい、すごくいい、郷愁をそそる音ですよね。一貫して同じ音型のうら寂しいメロディーがずっと続いていきます。

f:id:DimashJapanfanclubofficial:20210604135107j:plain

ラスト一分ですね、もう、とにかくDimashのスキャットが、アドリブでやってるらしいんですけど、そこは、え~すごいですね。

最後まで"人間の声が鳴っているんだよ"っていう事を(ええ、はい)心に留めて。

一番最後、とにかく全集中で聴いてほしいと思います。行きましょう。

y:はい、Dimashで"Know" 

youtu.be

k:はい、Dimashで。

すごかったですね。

y:アイスランドロケのMVも、すごく良い出来なんですよね。

k:ハァ~。なんか、ジンワリ来ますね。

 

ディマシュ2曲続けましたけれども、世界のミュージックシーンは、今日は"カザフスタンの特集"をお送りしました。

続くコーナーは、"ベストヒットメモリーズ"

y:"この後に何を掛けたらいいんだろう"と、いつも悩むんですよね。

k:最後ならいいんだけどね。もう一曲かけないといけない。

と、ひたすらDimashに圧倒されている 番組ホストお二人でした。

(今回は、中森明菜"傘がない"でした。)

 

↓放送音源(音源アップロード許可済み。約13分12秒)

※Please refrain from reprinting this sound source without permission.

youtu.be

en.dimashnews.com

FM桐生モアミュージックさん twitterアカウントはこちら

 

↓ モアミュージックさん過去放送アーカイブ(4記事)

◆【アーカイブ】DimashのFM桐生での初登場【日本語書き起こし】

◆【音源あり】10/1FM桐生Dimash特集【日本語書き起こし】

◆【音源あり】12/17 FM桐生Dimash特集【日本語書き起こし】

◆【音源あり】12/31 FM桐生モアミュージック総集編【日本語書き起こし】

★★★

 ↓公式 ディマシュ ジャパン ファンクラブホームページ

dimashkudaibergenjapan.com

↓公式 ディマシュ ジャパン ファンクラブSNSとディマシュ本人やOFFICIALのSNS

f:id:DimashJapanfanclubofficial:20201003165644j:plainf:id:DimashJapanfanclubofficial:20201003165710j:plain

f:id:DimashJapanfanclubofficial:20201003165735j:plainf:id:DimashJapanfanclubofficial:20201003165832j:plain

dimashjapanfanclubofficial.hatenablog.com

※このブログは2つのランキングサイトに登録しています。

下にある2つのバナーボタンにほんブログ村人気ブログランキング)をポチっとして、ディマシュ・クダイベルゲンを日本に広める事を応援して下さいね ♪(SAMPLE画像参照してください)

※また、バナーの上にあるSNSシェアボタン(facebook、Twitterなど)も、どうぞご活用ください。SNSにログインした状態でポチっとすると画像付きで簡単にシェアできます。

f:id:DimashJapanfanclubofficial:20201212130057j:plain

*1:Qiyalman は、カザフ語のQiyalと英語のman を合成した「キヤルする人=Dreamer」ということでしょうか。
歌詞に「ネットフリックス」という語が出てきますが、どうやら、主人公は、日本でもおなじみのNetflixネットフリックスで映画三昧の日々。ママは「大惨事だわ、ネットフリックス!!」と、(Netflixにひっかけた)ネットフリーク状態の息子を嘆いていますが、“毎月料金払ってね!とラップで突っ込み。
主人公は
「現実世界をどう受け入れればいいんだ? そうだ、僕は、ファンタジー、空想、イマジネーションと友達なんだ。」
「(映画みたいに)フォレスト・ガンプのように走って逃げ、“鉛筆”で切りこんで敵のジョンウィックをやっつけて、ゾンビ映画のように脳みそサンドをたべちゃおう!それから……」
というように、映画のパロディーで、ラップを刻んでいます。
結局、真実なんてありはしないと風刺し、現実世界を受け入れがたい自分に突っ込みを入れ、想像力を駆け巡らせる夢見るドリーマー、キヤルマン。ある意味開き直りの底抜けに明るい歌に仕上がっています。
(Қиялмен, қиялмен, қиялмен дос болсам мен.
ファンタジー、空想…と僕は友達なんだ の部分は、Qiyalmenなのでキヤルミエンときこえます。)
Dimashの歌には出てこないような、カザフスタンの若者と現代社会が見て取れておもしろいですね。