ディマシュ・クダイベルゲン/ Dimash Qudaibergen  

公式 ディマシュ ジャパン ファンクラブ/Blog by Dimash Japan Fan Club Official

ディマシュと氷上の天使のやりとり続報

f:id:DimashJapanfanclubofficial:20220227225911j:plain

北京オリンピック フィギュアスケート女子シングル金メダリスト シェルバコワ選手がディマシュのインスタグラムに直接コメントをつけています。

ディマシュも返信。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Dimash Qudaibergen(@kudaibergenov.dimash)がシェアした投稿

 f:id:DimashJapanfanclubofficial:20220227212135j:plain

【大意】

D:皆さん、僕の才能あふれる妹、アンナ・シェルバコワのオリンピックでの金メダル獲得にお祝いを申し上げます。

僕の歌でオリンピックに出演していただき、素敵な演技してくださった事をとても嬉しく思います。

アネーチカ(愛称)、僕の妹、末永くお幸せに。

すべての夢が叶いますように。

皆さん(ロシアの選手達)はとても優秀です。

僕たちは国は違いますが、あなたがたをとても誇りに思います。

スポーツと芸術は世界を一つにします。あなたがたはそれを証明してくれました。

愛を込めて ディマシュ・クダイベルゲンより

❤️FULL VIDEO ON MY YouTube channel.

シェルバコワ選手:ありがとうございました!😍🥰

D:(ハート*3)

◆◆◆

先日の記事でweiboでの二人のやり取りをご紹介しましたが、Instagramでの直接のコメントのやりとりも拝見でき、嬉しいですね。

↓ weiboバージョンはこちら

dimashjapanfanclubofficial.hatenablog.com

◆◆◆

また、この作品"Ave Maria"の作曲者Igor Krutoyが自身のロシアでのSNSで感想の投稿をしていますのでご紹介します。

f:id:DimashJapanfanclubofficial:20220227221050j:plain

【翻訳】

New Wave2021の少し前、Dimashから電話があり「Igor Yakovlevich、もしよかったら、僕に <Ave Maria> を書いて下さいませんか」と申し出があった。

"失敗は許されない"と思った。

と言うのも、ある時期このミッションで私の思考は占められ、ひいては"私の人生の意義"というものをも模索してしまう程だったから…。

f:id:DimashJapanfanclubofficial:20220227223050j:plain

言うまでもなく(<Ave Maria>は)様々な作曲家達(ジュリオ・カッチーニからフランツ・シューベルトまで)の作品が数世紀にわたって多くのバージョンで演奏されてきているため、責任も とてつもなく大きなものだった。

f:id:DimashJapanfanclubofficial:20220227225210p:plain

“New Wave” でも注目の的となったのは、Dimashと私がコラボレーションする新作が聴衆の相当な興味を毎回引くものだったからで、

"神は、民がこんなにも崇拝的な姿勢を長く持つことはお望みにならないのではなかろうか"とすら思った。

f:id:DimashJapanfanclubofficial:20220227225250p:plain

北京冬季オリンピックでは、Dimashが歌った私のこの曲でフィギュアスケート金メダリストのAnna Shcherbakovaがエキジビションのパフォーマンスをしてくれた。

まずは、数時間足らずで中国のWeiboの再生回数が8,000万回になったという事を知り、驚きと喜びであった。

f:id:DimashJapanfanclubofficial:20220227223345p:plain

https://ru.dimashnews.com/dimash_reaction_annaavemaria/

そしてオリンピック金メダリストAnnaの演技とDimash Qudaibergenの声のマッチは、何とも美しい時間(とき)であり、私の人生や音楽制作に意義を与えてくれるものだった。

f:id:DimashJapanfanclubofficial:20220228085801j:plain

◆◆◆

↓ シェルバコワ選手 エキシビションフル動画

gorin.jp

◆◆◆

歌ったディマシュも

シェルバコワ選手の演技に感激していましたが、

↓ ブログ内参考過去記事

dimashjapanfanclubofficial.hatenablog.com

作曲したIgor Krutoy氏もお喜びで、感無量のご様子がわかりますね。

 

そしてもちろん、固唾を飲んでエキシビションの画面を観ていた私たちも感動と感謝の嵐でした。

 

これからも

益々素晴らしい作品を世に送り出されますことをお祈りしています。

f:id:DimashJapanfanclubofficial:20220228080104j:plain

【Igor Yakovlevich Krutoy(Игорь Яковлевич Крутой)】

1954年 ウクライナ生まれ。

ロシア・ウクライナで活躍する作曲家兼プロデューサー、プロモーター、歌手。

ピアニスト、アコーディオン奏者。

ウクライナで音楽教育を受け、最終学歴はロシアのサラトフ音楽学院。

主にCIS諸国の音楽シーンのヒットメーカー。

◆◆◆

↓ エキシビション オリンピック公式YouTubeチャンネルフルバージョン

2時間14分から登場。クリックで直接飛びます。

◆◆◆

↓ ディマシュの"Ave Maria”公式動画はこちら

公式動画はただいま9,554,424 回視聴。

1000万回視聴回数が射程距離に入っています。

"Ave Maria”

youtu.be

ディマシュの"Ave Maria"はロシアのIgor Krutoy氏作曲。

この作品は昨年の8月25日ソチNewWave閉会ガラコンサートで初披露されました。

★★★

ディマシュ・クダイベルゲンは自身のSNSで様々な情報を発信しています。

本人サイドのリンク集をまとめてありますのでそちらもどうぞご活用ください。

※↓ このアイコンをクリック。

普段はこのブログの各記事の末尾に、このアイコンはあります。

【ディマシュ オフィシャル リンク集】

f:id:DimashJapanfanclubofficial:20220213153210p:plain

ディマシュのアカウントのフォローをよろしくお願いします。

★★★

2021年11月28日

TOKYO JAZZ 20thにオンライン出演したディマシュの、

日本語"行かないで"のパフォーマンスを是非ご視聴ください。

youtu.be

★★★

↓ ディマシュの歌をSpotify公式で聴いてみよう!

open.spotify.com

★★★ 

このブログのトップページに行くにはこちらをクリック

★★★

↓ ディマシュ ジャパン ファンクラブ公式サイト

dimashkudaibergenjapan.com

↓ディマシュ ジャパン ファンクラブのSNS

&ディマシュ本人の公式サイト・SNSリンク集

f:id:DimashJapanfanclubofficial:20201003165644j:plainf:id:DimashJapanfanclubofficial:20201003165710j:plain

f:id:DimashJapanfanclubofficial:20201003165735j:plainf:id:DimashJapanfanclubofficial:20201003165832j:plain

↓ ディマシュ ジャパン ファンクラブご入会方法はこちら

dimashjapanfanclubofficial.hatenablog.com

当ブログ全体のトップページへ行くにはこちら

 

【DJFCより投票のお願い】

※このブログは2つのランキングサイトに登録しています。

まだまだ日本では知られていないディマシュを日本に広めるために、

一日に一回、

2つのランキングサイトへの投票のご協力をお願いします。

登録などは何も必要なし

アカウントを作る必要もなし

ただ、ポチるだけです。

ランキングサイトバナーをポチって頂くだけで

当ブログにランキングポイントを付けて頂けます。

(↓SAMPLE画像参照してください)

f:id:DimashJapanfanclubofficial:20220118221250j:plain

↑これはサンプル画像です。

ポチって頂きたいホンモノのランキングサイトバナー(ディマシュの写真)は、

↓この下にあります。

ご協力ありがとうございます。