ディマシュ・クダイベルゲン/ Dimash Qudaibergen  

公式 ディマシュ ジャパン ファンクラブ/Blog by Dimash Japan Fan Club Official

ディマシュ新曲 "Zhalyn (“Flame”)"リリースされました

ディマシュのカザフ語POP新曲"Zhalyn (Flame)MOOD VIDEO"が予告通りリリースされましたのでご案内します。

 

"Zhalyn (Flame) | MOOD VIDEO"

作曲:Yedilzhan Gabbasov&Dimash Qudaibergen

作詞:Nurzhan Askhatuly

youtu.be

歌詞翻訳抜粋

※当ブログは著作権に鑑み歌詞の全転載(翻訳含)は致しません。

 

"Zhalyn"

まだ

何も

変わってないさ

君の心は

僕の中の

燃える炎が感じられない

まるで

お互い

まだ知らなかった頃みたいに

すべて過ぎ去って行く

突然

僕の何が

君をがっかりさせたの?

僕にどうなって欲しいの?

君のルールで生きればいい?

僕に

それを

望まないで

そうはならないから

僕のすべての行動

僕のすべての衝動

僕の本質

 

あるがままを

受け止めて

 

★YouTube MUSIC配信(公式)はこちら

music.youtube.com

★Spotify配信(公式)はこちら

open.spotify.com

 

↓ Dimash News

ru.dimashnews.com

以下Dimash News翻訳

カザフの作曲家Yedilzhan Gabbasovが作曲し、ディマシュ・クダイベルゲンが共同作曲した、カザフ語の躍動感あふれる曲「Zhalyn」

 

Yedilzhanは「この曲を作るインスピレーションのきっかけは、パフォーマーと知り合ったことだ」と言いました。

Yedilzhan:"Zhalyn "は2020年にDimashと出会った時に作曲したものです。

メロディーを書いた後、曲の断片をディマシュに見せると、彼はすでにそのメロディーにコーラスを付けていたのです。

こうして、私たちのクリエイティブ・タンデムで、このコンポジションが誕生したのです。

リスナーの皆さんにも気に入っていただける作品だと思いますし、これからもクオリティの高い作品をたくさんお届けしていきたいと思います。

 

また、Yedilzhan Gabbasovは「この曲で、カザフ固有のものを表現すると同時に、メロディに現代的な響きを持たせたかった」と語りました。

Yedilzhan:スティービー・ワンダーやマイケル・ジャクソンなど、良質な音楽を子供の頃からよく聴いて育ちました。

それが、私が作曲する際の主なインスピレーション源となることが多いですね。

"Zhalyn"という曲は3つのパートに分かれていまして、私自身は2番目のパートが"カザフの精神"が感じられるので一番好きです。

 

作詞は、EL ARNA TVのプロデューサーで才能ある詩人でもあるNurzhan Askhatulyが担当しました。

Nurzhanは、「この曲のメインテーマは愛です」と語りました。

「しかし、愛とは別に、愛に加えて、そこには特徴があります。」

ディマシュ自身が"Zhalyn"のテーマを選び、"どうあるべきか"を説明してくれました。

何度も何度もメロディーを聴きながら、曲のメインテーマに基づいて、Nurzhanは歌詞を書き上げたのです。

詩人は曲の歌詞で表現したい主な思いを語ってくれました。

Nurzhan Askhatuly:"誰かのために変わる "ということは、"自分を失う "ことに等しいものです。

自分を変えてしまったら、もうそれはあなた自身ではありません。

"自分の本質"から目を背けると、まったく別の人間になってしまうのです。

だからこそ、"どんなに自分と違う人でも、理解し受け入れる努力をしなければならない"と思うのです。

それが、この曲に込められたメッセージです。

 

「僕のすべての動き

僕のすべての衝動

僕の本質

あるがままを受け止めて

 

煽情的な楽曲のビデオは、カザフの監督Shyngyskhan TaJikeevがMOOD VIDEOのジャンルで撮影したものです。

監督は、「このビデオは、自分にとっても出演者にとっても実験的なものだった」と語っています。

ミュージックビデオの絵コンテを作る際、ストーリーが組み込まれた台本はありませんでした。

「"MOOD VIDEO "の撮影目的は、特定のコンセプトを導入することなく、ダイナミックな編集とレーザーなどの特殊な照明器具を使うことで新しい角度から演者を見せることでした。

撮影現場ではディマシュのエネルギーが素晴らしい雰囲気を作り出し、チーム全体がポジティブな気持ちで撮影に臨めました」と、Shyngyskhan TaJikeevは語っています。

 

★★★

↓ ディマシュの歌をSpotify公式で聴いてみよう!

open.spotify.com

 

★★★ 

2022年9月23日

カザフスタンのアルマトイにて

ソロコンサート"Stranger"開催予定です

※スタンド指定席は一旦は売り切れになりましたが、キャンセルなどで時々"戻りチケット"が売り出されます。(価格が発売当初より高めに設定されていたりしますが、8/24現在も若干数が売りに出ています。)

今から参戦希望で指定席をご希望の方は、こまめにチケットサイトをチェックして下さい。 

↓ 詳細・チケットサイト案内などはこちら(過去記事)

dimashjapanfanclubofficial.hatenablog.com

★★★

↓公式 ディマシュ ジャパン ファンクラブの各リンクと

ディマシュ本人やOFFICIALのSNSリンク集

dimashkudaibergenjapan.com

f:id:DimashJapanfanclubofficial:20201003165644j:plainf:id:DimashJapanfanclubofficial:20201003165710j:plain

f:id:DimashJapanfanclubofficial:20201003165735j:plainf:id:DimashJapanfanclubofficial:20201003165832j:plain

dimashjapanfanclubofficial.hatenablog.com

当ブログ全体のトップページへ行くにはこちら

【DJFCよりお願い】

ディマシュ・クダイベルゲンは、まだまだ日本ではその存在を知られていません。

※このブログは2つのランキングサイトに登録しています。

ブログランキングは、ディマシュ・クダイベルゲンを日本に広めるために、とても重要な意味を持っています。

皆様のお力をお借りしたく思います。

新しい記事がアップされない日でも、過去記事から投票をぜひお願いします。(1デバイスにつき24時間に一回、投票できます。)

このページの一番下にある2つのバナーボタンにほんブログ村人気ブログランキング)をポチっとして、"ディマシュ・クダイベルゲンを日本に広める事"を応援して下さいね。(SAMPLE画像参照してください)

※また、バナーの上にあるSNSシェアボタン(facebook、Twitterなど)も、どうぞご活用ください。SNSにログインした状態でポチっとすると画像付きで簡単にシェア(拡散)できます。

SNSでどんどん拡散して、ディマシュ・クダイベルゲンを日本に広めましょう!