ディマシュ・クダイベルゲン/ Dimash Qudaibergen  

公式 ディマシュ ジャパン ファンクラブ/Blog by Dimash Japan Fan Club Official

【会員寄稿】ディマシュの歌*Zhalyn (Flame)

本記事は、公式 ディマシュ ジャパン ファンクラブ会員のNさんによる寄稿文です。

★★★

以下 会員Nさん寄稿文

「ディマシュの歌*Zhalyn (Flame)」

 

2022年8月26日、日本時間21:00にディマシュの新曲「Zhalyn (Flame)」が公式YouTubeにてプレミア公開されました。

キリル文字だと「Жалын」、日本語では「炎」と訳されるようです。

 

youtu.be

 

浮かび上がるシルエット

 

いつもより、ちょっと大人の雰囲気。

 (全てディマシュ公式YouTubeよりスクリーンショット)

 

イントロは、少し懐かしさすら感じるシンセベースのリズム。

 

そして、すっかり耳に馴染んだカザフ語のメロディー(聞き取ることも、読むことも上達しないけど笑)を

囁くように歌い始めます。

 

続くBメロは、唱法を変えてエキゾチックに

 

サビの前のブレイクで息を呑み

 

そのあとは艶のあるファルセットで、聴くものを惹きつけます。

 

ディマシュ情報の公式ポータルサイト【DIMASH NEWS】によると

 

今回の曲は、ディマシュとYedilzhan Gabbasovさんという方との共同作曲ということで

そのYedilzhanさん自身が

「スティービーワンダーやマイケル・ジャクソンなどの良質な音楽を、子供のころから聴いてきた」

 

とインタビューで答えていることから

今回の楽曲でも、そのエッセンスを取り入れたということでしょうか。

 

【DIMASH NEWS】の日本語訳や、歌詞の一部翻訳などを

公式ディマシュジャパンファンクラブオフィシャルブログで公開しています。

とても興味深いので、ぜひぜひお読みください。

dimashjapanfanclubofficial.hatenablog.com

 

現代的な新しさも取り入れつつカザフ固有のものも表現したい、という話が書いてありましたが

明らかに歌い方の異なる2番目(Bメロ)のパートと

エンディングに流れるドンブラのメロディーが

それを表しているのだと思います。

 

そしてドンブラの音色を聞いて、何故かホッとして嬉しくなった私。

 

かなり「カザフ」に染まりました♪

 


と、いうところで

気になるのが

今回のビデオは「MOOD VIDEO」ということで

 

曲の世界観をストーリー仕立てなどで表現する

「ミュージックビデオ」ではない、と

ディマシュも自身のインスタグラムで明言していました。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Dimash Qudaibergen(@kudaibergenov.dimash)がシェアした投稿

 

ですが「MOOD VIDEO」を検索しても、日本語ではそれにあたるものが特になくて

また、日本のビデオの中で「MOOD VIDEO」という名称で公開されているものは現時点ではないようです。

 

これは世界的にはどうなの?と思い

カザフスタンの「GAKKU TV」の公式YouTubeチャンネル 

www.youtube.com

を覗いてみたら

「MOOD VIDEO」と銘打った映像がいくつかありました。

 

へぇー、と またひとつ世界を知った気になり笑

 

「じゃあ、いずれミュージックビデオも作るのかしら?」

と、期待してしまう流れになりますよ、カザフのお兄さん!

 

ビデオの話に戻りますが

 

タイムトンネルのような

異空間の中心で

リズムに乗るディマシュ。

 

かと思えば、

黒い背景の時は

偏った空間構図で

人物を際立たせる映像美

 

ちょっとニヒルな雰囲気も

ステキ


そして

帽子に添えた

手が

美しすぎる。

 

実は、プレミア公開の当日、

私は帰宅が遅く

21時には何とか間に合ったけれど

バタバタと落ち着かない状態で観てしまったので

曲が頭にも心にもよく入ってこなかったのですが(^^;

改めて、心静かにした状態で聴き直しました。

 

2分58秒と、ディマシュの曲の中では短いものですが

 

間奏部分のシンセメロディーのリフレインの中毒性や

 

1番のAメロと2番のAメロでは、少し歌い方を変えているとか

 

色々と聴きどころがあって、クセになります。

 

 

DJFC(公式ディマシュジャパンファンクラブ)のブログを読んで

"この歌がどんなことを伝えたいのか"自分なりに考えてみたり

 

「ディマシュは上半身でカウントを取るのは上手よね」

と、いつもながらの上から目線をかましてみたりwwww

 

いずれにしても、5年ぶりのカザフ語のポップスは

母国語ということもあり

ディマシュは より伸び伸びと、そして自由に表現しているような気がします。

 

何よりも、

フルコーラスを鼻歌で歌える!笑

 

「これぞディマシュ!」という曲も多々ありますが

私がディマシュを好きな理由の一つに

 

「曲の多様性」

 

があります。

 

ドラマチックな愛の歌も

叙情的なメロディーも

ロックな楽曲も

 

本当にバラエティに富んでいて

飽きることがありません。

 

そしてそれを、類まれなる歌唱力と表現力で

聴くものを捉えて離さない。

 

 

《沼落ち》とは、

こういうふうに

ズ ブ ズ ブ

いくものなのですね笑

 

 さて、今回の新曲

 

あなたはどんな風に感じましたか?

 

ではでは、また。

 

◆◆◆

以上、公式 ディマシュ ジャパン ファンクラブ会員Nさんの寄稿文でした。

ディマシュの世界の多様性を楽しみながら、これからも応援していきましょう。

 

★★★★★ 

2022年9月23日

カザフスタン アルマトイ ソロコンサート

"Stranger"

あと3週間です。

 

★★★

↓ ディマシュの最新SNS

"敏腕カメラマンdmitriyvollmer_dpと。"

 

機内のディマシュの横にいるのは、

"Okay"のMVのDOP(Director of Photography/撮影監督)、Dmitriy Vollmerさんですね。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Dimash Qudaibergen(@kudaibergenov.dimash)がシェアした投稿

 

"Okay"の視聴回数は9月1日現在1,994,296 回

200万回視聴が見えてきています。

ご協力をお願いします。

 

※日本語字幕付き

youtu.be

 

★★★

↓公式 ディマシュ ジャパン ファンクラブホームページ

dimashkudaibergenjapan.com

↓公式 ディマシュ ジャパン ファンクラブSNSとディマシュ本人やOFFICIALのSNS

f:id:DimashJapanfanclubofficial:20201003165644j:plainf:id:DimashJapanfanclubofficial:20201003165710j:plain

f:id:DimashJapanfanclubofficial:20201003165735j:plainf:id:DimashJapanfanclubofficial:20201003165832j:plain

dimashjapanfanclubofficial.hatenablog.com

※このブログは2つのランキングサイトに登録しています。

下にある2つのバナーボタンにほんブログ村人気ブログランキング)をポチっとして、ディマシュ・クダイベルゲンを日本に広める事を応援して下さいね ♪(SAMPLE画像参照してください)

※また、バナーの上にあるSNSシェアボタン(facebook、Twitterなど)も、どうぞご活用ください。SNSにログインした状態でポチっとすると画像付きで簡単にシェアできます。

f:id:DimashJapanfanclubofficial:20220118221250j:plain