ディマシュ・クダイベルゲン/ Dimash Qudaibergen  

公式 ディマシュ ジャパン ファンクラブ/Blog by Dimash Japan Fan Club Official

【日本語書き起こし】我想和你唱 / Come Sing with Me Season 2【アーカイブ】

本記事は、2017年5月6日放送の中国の番組<我想和你唱 / Come Sing with Me Season 2>のディマシュ登場部分の日本語書き起こしです。

★番組の説明

我想和你唱 / Come Sing with Meは、

"自分のアイドルと一緒に歌いたいファン"が、予め収録していたゲスト歌手の歌うビデオに合わせてオンラインで一緒に歌い、それを応募する。その中から選ばれた数人が会場に呼ばれ、ステージで実際に歌手と一緒に歌える。さらにその中からNo.1を選び、デュエットできるという趣向のバラエティ音楽番組。

2016年5月7日から第1シーズン放送開始。(第2シーズンは2017年4月29日から放送開始)

毎週土曜日 22:00より放送

↓ 動画A:番宣のために"真面目に"中国語の練習をするディマシュ

youtu.be

 

字幕<アクション開始して下さい>

<アクビをして準備OK>

D:(中国語)"アリガトウ、僕もみんなをアイシテルヨ。"
(字幕の“爱泥萌”は“爱你们:君達を愛してるよ”が可愛く訛っている感じを出している)

D:(中国語)"高音をダスヨ、呼吸を整えて"

(2回目も同じ)

"Yearh~"(中国語が難しくて現実逃避)

D:(中国語)"ボクに君達の実力をミセテよね"

"「君と歌いたい(番組タイトル)」"

"キミタチノチョウセンヲマッテルヨ(君達の挑戦を待ってるよ)"

<舌出しx1>

D:(中国語)「キミト ウタイタイ」キ ミ ノ…

<舌出しx2>

D:(中国語)"君の挑戦をマッテルヨ"

<すごいね>

<舌出しx3>

<暑いなぁ>
D:"ゴガツム イ カ(5月6日)"

 


【番組本番】

約1時間32分

※司会の一人はDimashがずっと"共演したい中国人歌手"と言っている【Daybreak】の作者&オリジナル歌手の韩红/ハン・ホン/Han-Hong。(ディマシュを可愛がり、"中国でのディマシュのゴッドマザー"を名乗ってくれている)

我想和你唱 / Come Sing with Me ディマシュ出演回の説明

・この番組のDimashが出た回には、香港の往年のスーパースター、叶倩文(サリー・イップ)と、〖歌手2015〗にも出場したアレンジ力に定評のある胡彦斌も出演。

・この回には、〖歌手2017〗でDimashの音楽パートナーだった阿来(A-lai)と、张杰(Jason Zhang)のパートナーだった李维嘉もコメンテーターで参加している。

・Dimashは最後の出番。

 

◆10:30

出演者紹介/Dimash登場

司会の韓紅Han Hongの【Daybreak】を歌いながら…

大歓声

↓ 動画B:※クリックで直接10:30に飛びます

youtu.be

汪涵(メイン司会):みんな落ち着いて。

今からね、Dimashの"本当の出生の秘密"を発表するよ。

汪涵(メイン司会):みんな “誰と誰の間に生まれたらこんな(スゴイ)息子ができるんだ?”って思うよね?

その答えは…

汪涵:林志炫(Terry Lin:Lin-papa)と韩红が、こんな子を作れるんだよ。

李维嘉:だって、林志炫はDimashの“パパ”だものね。

D:<うん、そうそう>

韓紅:それは(親のうちに)入らない、入らないよ。

私の場合は本当だけどさ。

私は彼の"ゴッドマザー(母親代わり)"だもん。

D:<うん、そうそう>

(喜ぶD)

 

◆22:27

叶倩文のファンが持ち込んだゲームがDimashに向いているゲームだと言われ挑戦する。
(高音を出すとキャラクターが高くジャンプできる)

↓ 動画B:※クリックで直接22:27に飛びます

youtu.be

 

◆32:51

韓紅から"叶倩文とデュエットするのにふさわしい人は(候補3人の中の)誰だと思うか"と聞かれる

↓ 動画B:※クリックで直接32:51に飛びます

youtu.be

D:最初の彼の歌い方はとても独特だったですね。

2番目のかたも、とても良かったですよ。

<女の子:私は?

D:あなたも、才能があると思います。

韓紅:(ディマシュが3人全員の事を褒めちぎるのを聞いて)…あんたは誰からそんな"社交辞令"を習ったんだい?

D:(笑)

D:男性の中の女性一人なので、紅一点の彼女にチャンスをあげて下さい。(紳士Dimash)

 

◆56:22~

Dimashの時間

↓ 動画B:※クリックで直接56:22に飛びます

youtu.be

みんなで【S.O.S.】を歌う

※この放送の前にネットで ↓ ディマシュが一人で歌った動画を配信して、視聴者がそれに合わせて歌ったビデオを送って来ている。

(ディマシュは"一緒に歌っている感"を出している。)

↓ ディマシュの動画"SOS"

w.mgtv.com

*↓本番では採用されなかったが、”秋意浓”バージョンもある

w.mgtv.com

 

◆1:00:15

皆との歌を聴き終えて

汪涵:このグループは他のグループよりも高音だねぇ。

韓紅:デシベルがかなり高いんだな。

 

(勝ち抜いて)ステージに上がれたのは3人。

 

周易(素人1):僕は重慶から来ました。

【S.O.S.】はフランス語で、僕は全く分からないので、歌詞は中国式アルファベットと漢字を当てて覚えました。

なので、今度はDimash先生にも苦労してもらおうかと思っていますよ。

“(重慶方言)僕はカッコイイ“と言ってください。

D:(とてもキレイな重慶弁で)"僕はカッコイイ"

周易:重慶弁の童謡を教えますね。

〇@#$・・・・

コメンテーター達:難しすぎるんじゃない?

D:……僕はカッコイイ(標準語で)

 

刘璐(素人2):中央音楽大学の声楽オペラ科を卒業しました。

ソプラノです。

今日はDimashが〖歌手〗で歌ったDiva Danceに挑戦したいと思います。

 

陈彦宏(素人3):私は内モンゴルのフフホトから来ました。

(さっきの高音はビルで言えば)40階ちょっとくらいの高さです。

まだ高くいけます。(2度ほどあげる)

陈彦宏(素人3):最初にこの仕事(高層ビルの窓ふき)についた時はちょっと怖かったんですが、同僚から「下を見ちゃダメだよ。歌が好きなら歌いながら仕事するといいよ」って言われてそうやったらホントに随分気分が楽になったんですよ。

(更に高音に挑戦)

D:ブラボー!

 

1:07:59
<カザフ族の母子ファン登場>

↓ 動画B:※クリックで直接1:07:59に飛びます

youtu.be

母ファン:Dimashに会わせてくれてありがとうございます。

あなたのアートの道のりが永遠に向上しますようにお祈りしているわよ。

D:有難うございます。

息子ファン:皆さんお分かりと思いますけど、僕達はここで生まれ育った中国のカザフ族です。

僕の一族はみんなDimashのファンなんです。

特に母はDimashに会いたがっていたんです。

だから今日は母をアイドルに会わせたくて連れて来ました。

そして中国のカザフ族の彼への愛を表したくて…

これは僕達カザフ族の最高級の贈り物です。

D:本当にありがとうございます。


※ディマシュはこの時プレゼントされたチャパン(カザフの民族衣装)を、その後も空港などで何度か着ている

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Dimash Qudaibergen(@kudaibergenov.dimash)がシェアした投稿

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Dimash Qudaibergen(@kudaibergenov.dimash)がシェアした投稿

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Dimash Qudaibergen(@kudaibergenov.dimash)がシェアした投稿

 

1:10:20
選ばれた3人とディマシュとの【S.O.S.】

汪涵(メイン司会):では、(ディマシュに)この3名の中から1名選んでもらいましょう!

よ~く考えられるよう、少し時間をあげようね。


1:16:58

↓ 動画B:※クリックで直接1:16:58に飛びます

youtu.be

韓紅:勇敢に答えなさいね。逃げちゃダメだからね。

D:(笑)バイバイ(逃げるフリ)

D:…誰も3人の皆さんの才能を疑う人はいないでしょう。

僕が以前歌った曲を歌ってくれて、本当にありがとうございます。

カザフスタンには諺があります。

「男はやっぱり男」

…3人の中で2人の男性に挟まれていて…僕はやっぱりこのチャンスを、間にいる女の子にあげたいです。

 

1:26:25

【秋意浓 / Autumn Strong】を2人で歌う

↓ 動画B:※クリックで直接1:26:25に飛びます

youtu.be

歌後、感想を聞かれて…

刘璐:このような国宝級の "歌唱家" の "輸入してきたお兄さん" とデュエットをさせていただく機会を頂いて感謝していますし、すごく光栄です。

韓紅:Dimashに一言 言いたいんだよね。

彼の心はまだ子供なんだ。

それが、思いもかけず中国にやって来ることになって、そしてこんなに大勢の人達が彼のことを好きになってくれた。

彼が欲しいのは、みんなが彼の歌、声を好きになってくれることなんだ。

 

★★★

↓ ディマシュの歌をSpotify公式で聴いてみよう!

open.spotify.com

 

★★★

↓公式 ディマシュ ジャパン ファンクラブの各リンクと

ディマシュ本人やOFFICIALのSNSリンク集

dimashkudaibergenjapan.com

f:id:DimashJapanfanclubofficial:20201003165644j:plainf:id:DimashJapanfanclubofficial:20201003165710j:plain

f:id:DimashJapanfanclubofficial:20201003165735j:plainf:id:DimashJapanfanclubofficial:20201003165832j:plain

dimashjapanfanclubofficial.hatenablog.com

当ブログ全体のトップページへ行くにはこちら

【DJFCよりお願い】

ディマシュ・クダイベルゲンは、まだまだ日本ではその存在を知られていません。

※このブログは2つのランキングサイトに登録しています。

ブログランキングは、ディマシュ・クダイベルゲンを日本に広めるために、とても重要な意味を持っています。

皆様のお力をお借りしたく思います。

新しい記事がアップされない日でも、過去記事から投票をぜひお願いします。(1デバイスにつき24時間に一回、投票できます。)

このページの一番下にある2つのバナーボタンにほんブログ村人気ブログランキング)をポチっとして、"ディマシュ・クダイベルゲンを日本に広める事"を応援して下さいね。(SAMPLE画像参照してください)

※また、バナーの上にあるSNSシェアボタン(facebook、Twitterなど)も、どうぞご活用ください。SNSにログインした状態でポチっとすると画像付きで簡単にシェア(拡散)できます。

SNSでどんどん拡散して、ディマシュ・クダイベルゲンを日本に広めましょう!