ディマシュ・クダイベルゲン/ Dimash Qudaibergen  

公式 ディマシュ ジャパン ファンクラブ/Blog by Dimash Japan Fan Club Official

【ディマシュ】コンサート大成功!おめでとうございます

9月23日に開催された

母国カザフスタン アルマトイでのソロコンサート"Stranger"

大成功でした。

おめでとうございます!

 

↓スーパーファンゾーン(立ち見)から見た巨大スクリーン

ディマシュの公式サイトDimash Newsが更新されましたので翻訳と共にご案内します。

ru.dimashnews.com

以下翻訳(抜粋)

アルマトイのストレンジャー:ディマシュの新しいビッグショーが南の首都で開催される

 

昨日、アルマトイでは、ディマシュ・クダイベルゲン「ストレンジャー」のソロコンサートという世界的なショーが開催されました。

壮大な音、光、舞台装置、衣装、演出は、最初の数秒から観客を魅了しました。

多彩なゲストアーティストや演出家、さまざまなダンスグループ、特別に撮影されたビデオインスタレーションによって多様性がもたらされ、同時にショーの統一されたコンセプトが作り上げられました。

中央競技場には2万5千人以上の観客が集まりました。

20時ちょうど、静寂と暗闇に包まれたスタジアムに、ランタンの明かりだけが照らされ、観客全員が息を飲んだところにディマシュが登場しました。

1曲目が始まると"ゴールデンマン"のイメージでディマシュは高いところから降りてきました。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Qazaqstan.tv Ұлттық телеарнасы(@qazaqstantv)がシェアした投稿

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Dimash.Japan.international(@dimash.japan.international)がシェアした投稿

 チャリンキャニオンのフレームがスクリーンに映し出されることで、「黄金色」という別の意味での色彩が生まれ、イベントに魔法がかけられたような感覚になりました。

激しいテーマを引き継ぎ、2曲目の「Zhalyn」では、美しいダンスとダイナミックなリズムで火をつけました。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ディマシュジャパンファンクラブ(公式)DJFC🇯🇵(@dimash.japanfanclub)がシェアした投稿

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Dimash.Japan.international(@dimash.japan.international)がシェアした投稿

 

国民的バレエを踊るダンサーの儚げな姿が、次の曲のムードを盛り上げます。

月明かりを背景にした「If I never breathe again」は、幻想的な愛の雰囲気を醸し出し、ディマシュが掲げた少女のハンカチが物語を完成させました。

 

写真が変わり、嵐が舞台を覆い、面白い衣装とつばの広い黒い帽子のダンサーたちが、威厳ある「Olimpico」を伴奏に登場しました。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Qazaqstan.tv Ұлттық телеарнасы(@qazaqstantv)がシェアした投稿

 

次の曲の最初の音が鳴り、暗部と明部が「Battle of memories」に突入しました。

ディマシュは交互に異なる色をつなぎ合わせ、光と闇の内なる闘いを表現しました。

光の勝者として、ディマシュは壮大な"Ave Maria"を披露し、最後のロングトーンで観客を宇宙の深みへと誘いました。

この構成は"Know"へと続きました。

次の曲が始まる前に、アーティストから「今日が皆さんにとって思い出深い日なら、一緒に歌ってください」というリクエストがありました。

すぐに大合唱になりました。

"Unforgettable day "

観客はお気に入りの曲のリフレインを名残惜しく何度も何度も歌いました。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Dimash.Japan.international(@dimash.japan.international)がシェアした投稿

ディアーズがあまりに熱心に歌うので、ディマシュは歌い続けることにし、スタジアム全体で彼の後に別の音楽のフレーズを繰り返すようにアレンジし、アーティストと観客、双方を満足させたのです。

続いて、モダンダンス「Give me your love」と「Be with me」が披露されました。

カラフルな衣装に身を包んだ明るいダンサーたちが若者たちのパーティーの雰囲気を演出し、ディマシュは彼らと一緒に軽やかに踊り、ファンゾーンの皆さんはアーティストと一緒に踊り、歌い、盛り上がりました。 

それから、"初演"が行われました。

表舞台のディマシュ

ピアノはソングライターである弟のアビルマンスール。

この新曲は、人生という複雑な迷宮の中で自分の進むべき道を見つけることに捧げられています。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ディマシュジャパンファンクラブ(公式)DJFC🇯🇵(@dimash.japanfanclub)がシェアした投稿

"ドライビングソングシリーズ"は、ディマシュが歌った「Fly away」まで続きました。

 

アーティストのレパートリーには、代表的な楽曲が数曲含まれています。

"Love of the tired swans "では、ディマシュがステージの両側からできるだけ客席に近づくように歌うという特別な演出がありました。

一音目からアーティストと一緒に歌うファンはもちろん、フィナーレではイゴール・クルートイ作曲の断片をアカペラで歌い上げました。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Dimash.Japan.international(@dimash.japan.international)がシェアした投稿

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Dimash.Japan.international(@dimash.japan.international)がシェアした投稿

次のブロックが始まる前に、アビルマンスールは作家レナット・ガイシンの作曲した曲をギターで演奏し、バックボーカルの声がそれを美しく包み込みました。 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Dimash.Japan.international(@dimash.japan.international)がシェアした投稿

続いてドンブラが登場し、ディマシュはお国柄を感じさせる衣装で登場しました。

有名なドンブリストと共に、ディマシュは「アダイ」を演奏し、すぐに自分とディアーズの代表曲「ダイディダウ」を演奏しました。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Dimash.Japan.international(@dimash.japan.international)がシェアした投稿

 

引き続き、国をテーマにした力強い歌「Durdaraz」が披露され、Space Machine ADEMチームのダンスが披露されました。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Dimash.Japan.international(@dimash.japan.international)がシェアした投稿

 

ディマシュが観客に携帯電話のトーチのスイッチを入れるよう促すと、誰もが次の曲が美と光の愛の象徴である「Makhabbat Ber Magan」であることを一度に理解したのです。

アーティストも観客も夢中でサビを繰り返し、止まらなくなってしまいました。

続いて、カザフスタン国立民族楽器オーケストラ「クルマンガズィ」と国立ダンスアンサンブル「サルタナート」が登場しました。

ディマシュは彼らと一緒に「Elim Menin エリム・メニン」という曲を演奏しました。

 

ディマシュの声を通して語られる美しいコビズの伝説は、次の曲「Stranger」の前史を作り、オルジャス・クルマンベクの手になるコビズは力強く、深い音を響かせましたた。

 

演奏会のフィナーレが近づき、聴衆は"初演"を心待ちにしていました。

レクイエム "The Story of One Sky"

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Dimash.Japan.international(@dimash.japan.international)がシェアした投稿

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Dimash.Japan.international(@dimash.japan.international)がシェアした投稿

使われている声楽のテクニックや音楽的なラインなど、総合的で膨大な作品です。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Dimash.Japan.international(@dimash.japan.international)がシェアした投稿

 

新曲のミュージックビデオは、本日9月24日に開催されるアーティストとのファンミーティングで初公開される予定です。

 

もうひとつの初演はスペイン語の曲で、ディマシュはその表現力で観客を魅了しました。

ステージ上の4人のディマシュ(3人はホログラム、1人は本物)はとても美しく見え、それぞれのディマシュの声は違って聞こえ、好奇心をそそるものでした。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ディマシュジャパンファンクラブ(公式)DJFC🇯🇵(@dimash.japanfanclub)がシェアした投稿

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ディマシュジャパンファンクラブ(公式)DJFC🇯🇵(@dimash.japanfanclub)がシェアした投稿

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Dimash.Japan.international(@dimash.japan.international)がシェアした投稿

 

中国だけでなく世界中から愛されているラブソング「Autumn Strong」では、バイオリンの音色とともに、アーティストからファンへの愛の宣言が行われました。

そしてコビズが鳴り響きました。

時はパンデミックの悲しい時代に戻り、ディマシュとマエストロは「Qairan Elim」という曲で一緒に仕事をしたのです。

 

ディマシュは「Screaming」を歌い、チームを紹介し、ファンゾーンで彼の創作活動のファンを歓迎し、イリヤ・ポクロフスキーとのドラムの戦いをすることができました。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ディマシュジャパンファンクラブ(公式)DJFC🇯🇵(@dimash.japanfanclub)がシェアした投稿

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Dimash.Japan.international(@dimash.japan.international)がシェアした投稿

 

そして、最後の曲「Just let it be」は、これからたくさんの新しい出会いと楽しい思い出が待っていることを皆に伝えてくれました。

 

◆◆◆

感動をありがとうございます。

お疲れさまでした!

 

↓ 前記事

dimashjapanfanclubofficial.hatenablog.com

24日は初めての試みのファンミーティングが控えています。

楽しみですね!

◆◆◆

【おねがい】

今回、カザフスタンのディマシュチームより、"1分を超えるコンサートのファンカム(ファン撮影)のネット投稿はおやめ下さい"とアナウンスが出ています。

ファンによる撮影について、1分以上の投稿をSNSなどで見つけても、シェアなさらないように宜しくお願いいたします。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

DimashNews(@dimash.news)がシェアした投稿

 

★★★

【おことわり】

・当ブログ内の全てのページの文章・写真などコピー転載・一部改変転載する事はご遠慮ください。

・当ブログをリンク付きでご紹介頂く事は大歓迎です。

★★★

↓ ディマシュの歌をSpotify公式で聴いてみよう!

open.spotify.com

★★★

↓公式 ディマシュ ジャパン ファンクラブの各リンクと

ディマシュ本人やOFFICIALのSNSリンク集

dimashkudaibergenjapan.com

f:id:DimashJapanfanclubofficial:20201003165644j:plainf:id:DimashJapanfanclubofficial:20201003165710j:plain

f:id:DimashJapanfanclubofficial:20201003165735j:plainf:id:DimashJapanfanclubofficial:20201003165832j:plain

dimashjapanfanclubofficial.hatenablog.com

当ブログ全体のトップページへ行くにはこちら

 

【DJFCよりお願い】

ディマシュ・クダイベルゲンは、まだまだ日本ではその存在を知られていません。

※このブログは2つのランキングサイトに登録しています。

ブログランキングは、ディマシュ・クダイベルゲンを日本に広めるために、とても重要な意味を持っています。

皆様のお力をお借りしたく思います。

新しい記事がアップされない日でも、過去記事から投票をぜひお願いします。(1デバイスにつき24時間に一回、投票できます。)

このページの一番下にある2つのバナーボタンにほんブログ村人気ブログランキング)をポチっとして、"ディマシュ・クダイベルゲンを日本に広める事"を応援して下さいね。(SAMPLE画像参照してください)

※また、バナーの上にあるSNSシェアボタン(facebook、Twitterなど)も、どうぞご活用ください。SNSにログインした状態でポチっとすると画像付きで簡単にシェア(拡散)できます。

SNSでどんどん拡散して、ディマシュ・クダイベルゲンを日本に広めましょう!