ディマシュ・クダイベルゲン/ Dimash Qudaibergen  

公式 ディマシュ ジャパン ファンクラブ/Blog by Dimash Japan Fan Club Official

【会員寄稿】2022アルマトイ ソロコンサート参戦記【Part4】

本記事は、公式 ディマシュ ジャパン ファンクラブ会員 Iさんによる、2022年9月 アルマトイ ソロコンサート参戦記(Part4)です。

いよいよコンサート本番です。

 

↓ Part1はこちら

出発編/Sさん

dimashjapanfanclubofficial.hatenablog.com

↓ Part2はこちら

市内観光編/Mさん

dimashjapanfanclubofficial.hatenablog.com

↓ Part3はこちら

プレパーティ編/Hさん

dimashjapanfanclubofficial.hatenablog.com

 

以下 Iさん寄稿

アルマトイツアー参戦記

 

"9/23 コンサート本番"

 

いよいよコンサート当日

目覚めはうんと早かった。

 

一旦目が覚めたら、今日はもう眠れるはずもなく。

 

ホテルの紅茶と

購入したチョコ

↓ でも私は

みそ汁(日本から持参)が落ち着く〰︎〰︎😁

購入したアクセサリー

宝物

 

「普段から日本でもほとんど遠出をしない私。

勇気を出してカザフスタンまでやって来たけれど、

本当に 本物のDimashに、

今日、会えるんだろうか」

と、まだ現実感がなく、朝から何度チケットを確認したことか。

今回、日本からのDJFCメンバーは6人がコンサートに参戦するのですが、他の5人は椅子席(スタンド指定席)で、私一人がスーパーファンゾーン(ステージに近い立ち見)です。

一人で大丈夫かな、と不安いっぱいの中、トルコ在住でイスタンブールから参戦のDJFC会員Tさんと、Tさんのお友達のカザフ人のAさんと合流できる事になり、ものすごく心強くホッしたのを覚えています。

トルコ語や英語が堪能なTさん。

カザフ語が堪能なAさん。

日本語(福島弁)しか堪能じゃない私にとって最強のメンバーでした。(感涙)

 

◆◆◆

コンサート当日ですが、それまでの時間、翌日参加予定のアフターパーティー会場までの道を下調べしました。

行く時は歩きましたが、結構な距離です😓

ホテル近くに地下鉄の駅があったはず☝️ということで、帰りはそれに乗ってみることにしました。

広々とした構内は、

外気温で汗だくの体をひんやり冷やしてくれました。

↓ 地下鉄ホーム

壁の絵も素敵

 

◆◆◆

午後、Tさんに合流するため、スタジアム近くの素敵なカフェで他のDJFCメンバーと共に待ち合わせしました。

ここでも、他国のDearsと交流。

皆、とにかくフレンドリーです。

DJFCのバナーを持ってくれた海外Dears

このカフェでは、

フルーツとハーブのジュースが美味でした。

 

◆◆◆

スタジアムの動向を見ながら、

カフェを出て

いよいよ会場に向かいます。

 

立ち見のスーパーファンゾーン。

良い場所をゲットする為に、並ばないといけません。

(早朝、明け方から並ぶDearsも普通にいます)

 

スタジアム会場前で、前に進めないほど写真撮影を求められました。

今回、DJFCのバナーはどこに行っても大人気でした。

↓※ディマシュの写真パネルと共に海外Dearsと

 

いざ

コンサート会場、スタジアムへ!

 

スタジアムは広いので、入場のためのゲートがいくつもあります。

↓ スタンド席チームから見た会場の様子

ガードの人が多い印象。

ガードと入口のガイドは英語ができる地元の若い学生さんだとか。

ボランティアが数百人。

街をあげてディマシュをサポートしてくれているんですね。

 

スタンド席側からステージとファンゾーン(立ち見)を見ると、↓ こういう感じ。(写真はスタンド席のDJFCチームメンバー提供)

左にメインステージ、そこから花道が伸びています。

↓ スタンド席一階はこんな感じ

会場には特別席(VIP席)の用意も。(スタジアムに元々ある)

ステージには巨大スクリーンが

 

さて、スーパーファンゾーンの私

日本からのメンバーとは別行動で、TさんとAさんと動きます。


17:00過ぎ

第1関門のセキュリティチェックを抜けると、スーパーファンゾーンの入場口近くには早くも人だかりが。

よく見るとTVのインタビュー中のKanatパパを発見!

「本当に、

Dimashに会えるのだ」

と、確信したのが、

この時です。

 

それまでは、どこかフワフワしていて実感が湧きませんでしたが、パパの姿を見て一瞬で

『Dimashに会える!!』

と、胸が高鳴りました。

 

第2関門、スーパーファンゾーンのゲート前は、Dearsでごった返していました。

早く入り良い場所をゲットしたいDearsが今か今かと開場を待っていました。

 

さて、開場!

入ってすぐにコンサートグッズ(光るスティック/全員に配布)を貰い、スーパーファンゾーンへ。

 

まず、ステージ正面の花道の先へ。

思っていたよりステージがそびえるように高く、あまり近くに陣取ると、花道へDimashが歩いて来ない限りはメインステージでの姿は見られない。

 

次に、ステージ向かって右の柵側へ移動。

ここでもやはりステージが高く、

あまり近すぎるとメインステージのDimashのあちこち動いて歌う姿は見られない。

(後述しますが、ここにそのままいれば良かったかも!という出来事がコンサート中に起こりました。)

そして、結局メインステージから少し離れた花道沿いの場所を確保。

場所取り用に持参したレインコートを広げ、そこに座り、一段落。

 

スタンド席のDJFCチーム仲間は…と顔をあげて探すと、

バナーを出して応えてくれました。

今回、スタンド席を選んだDJFCチームは、全体を眺められ、遮るものが一切ない、良い角度の2階最前列をチョイス。

遠目でも、

DJFCのバナーは

目立ちました。

この時、17:54…

コンサート開始は20:00

ここからの2時間は、あっという間に過ぎました。

(前座のアーティストさん達のパフォーマンスもありました)

 

◆◆◆

夕陽が美しく空を染め

スタンド席もファンゾーンも

どんどん人が増えていきます。

 

暗くなり

世界68か国のDearsが手に持った色とりどりの光に

会場が埋め尽くされて…

興奮は最高潮

 

いよいよです。

暗いスタジアムに重低音

身体に響きます。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Dimash.Japan.international(@dimash.japan.international)がシェアした投稿

 

オープニングはやっぱり

"Golden"

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Dimash.Japan.international(@dimash.japan.international)がシェアした投稿

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Dimash.Japan.international(@dimash.japan.international)がシェアした投稿

 

そこからは、

 

夢中で

 

※動画は横スライド

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Dimash.Japan.international(@dimash.japan.international)がシェアした投稿

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Dimash.Japan.international(@dimash.japan.international)がシェアした投稿

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Dimash.Japan.international(@dimash.japan.international)がシェアした投稿

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Dimash.Japan.international(@dimash.japan.international)がシェアした投稿

 

↓ スーパーファンゾーンから撮った写真

 

あっという間の4時間。

 

↓ 写真は横スライド

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Канат Айтбаев(@kanat_sveta_aitbayevtar)がシェアした投稿

 

記憶もまばらで夢の中のようでした。

尊くて、愛おしくて、神々しくて…

 

パフォーマンス中にDimashが衣装を脱ぎ、客席に放り投げたシーンがありました。

その衣装の着地位置は、2番目に位置取りをしようとしていたあのステージ右のスペースでした。

あそこにいれば…

もしかしたらこの手に…!!

と、妄想が止みません。(笑)

 

その中で

ただ圧倒され

立ち尽くしていた曲があります。

 

『The Story Of One Sky』

その曲でした。

英語の意味は

その場では分かりませんでした。

でも、確かにDimashの声や姿から伝わる熱量、想い。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Dimash.Japan.international(@dimash.japan.international)がシェアした投稿

 

『あぁ、、この人は凄い人だ』

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Dimash.Japan.international(@dimash.japan.international)がシェアした投稿

 

ただただ、そのパフォーマンスを全身で感じていました。

歌い終わった後、息も切れ切れに

"We need Peace"とDimashが言った時に

感涙の最上級😭

 

4時間です。

最後の曲、『Just Let It Be』でステージは終わりました。

4時間もの間、全身全霊で歌い、パフォーマンスをした我が推しに、

感謝しかありません。

Dimash Newsより
 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Dimash.Japan.international(@dimash.japan.international)がシェアした投稿

dimashjapanfanclubofficial.hatenablog.com

 

その存在に出会えた、我が人生。

Dimashに出会い、私の人生は変わりました。

 

だって、引きこもりの私がカザフスタンにまで行くんだもの。

 

その私がコンサートを体験しての一言。

それは、

この言葉に尽きます。

 

『あぁ…

この人は

凄い人だ』

 

心の中に宝物がまたひとつ増えました。

 

Part5に続く

dimashjapanfanclubofficial.hatenablog.com

★★★

2021年11月28日

TOKYO JAZZ 20thにオンライン出演したディマシュの、

日本語"行かないで"のパフォーマンスを是非ご視聴ください。

youtu.be

★★★

↓ ディマシュの歌をSpotify公式で聴いてみよう!

open.spotify.com

★★★ 

このブログのトップページに行くにはこちらをクリック

★★★

↓ ディマシュ ジャパン ファンクラブ公式サイト

dimashkudaibergenjapan.com

↓ディマシュ ジャパン ファンクラブのSNS

&ディマシュ本人の公式サイト・SNSリンク集

f:id:DimashJapanfanclubofficial:20201003165644j:plainf:id:DimashJapanfanclubofficial:20201003165710j:plain

f:id:DimashJapanfanclubofficial:20201003165735j:plainf:id:DimashJapanfanclubofficial:20201003165832j:plain

↓ ディマシュ ジャパン ファンクラブご入会方法はこちら

dimashjapanfanclubofficial.hatenablog.com

当ブログ全体のトップページへ行くにはこちら

 

【DJFCより投票のお願い】

※このブログは2つのランキングサイトに登録しています。

まだまだ日本では知られていないディマシュを日本に広めるために、

一日に一回、

2つのランキングサイトへの投票のご協力をお願いします。

登録などは何も必要なし

アカウントを作る必要もなし

ただ、ポチるだけです。

ランキングサイトバナーをポチって頂くだけで

当ブログにランキングポイントを付けて頂けます。

(↓SAMPLE画像参照してください)

f:id:DimashJapanfanclubofficial:20220118221250j:plain

↑これはサンプル画像です。

ポチって頂きたいホンモノのランキングサイトバナー(ディマシュの写真)は、

↓この下にあります。

ご協力ありがとうございます。