ディマシュ・クダイベルゲン/ Dimash Qudaibergen  

公式 ディマシュ ジャパン ファンクラブ/Blog by Dimash Japan Fan Club Official

【会員寄稿】2022アルマトイ ソロコンサート参戦記【Part7/最終回】

本記事は、公式 ディマシュ ジャパン ファンクラブ会員 Sさんによる、

2022年9月 アルマトイ ソロコンサート参戦記(Part7/最終回)です。

 

↓ Part1はこちら

涙あり喜びありの出発編/Sさん

アルマトイ ソロコンサート参戦記【Part1】

 

↓ Part2はこちら

9/21 盛り沢山市内観光編/Mさん

アルマトイ ソロコンサート参戦記【Part2】

 

↓ Part3はこちら

9/22 世界のDearsと交流プレパーティ編/Hさん

アルマトイ ソロコンサート参戦記【Part3】

 

↓ Part4はこちら

9/23 感動のコンサート編/Iさん

アルマトイ ソロコンサート参戦記【Part4】

 

↓ Part5はこちら

9/24アフターパーティ&ファンミーティング編/Yさん

アルマトイ ソロコンサート参戦記【Part5】

 

↓ Part6はこちら

9/25~26 天国巡りと地獄詣で チャリン渓谷小旅行編/Mさん

【アルマトイ ソロコンサート参戦記【Part6】

 

◆◆◆

以下 Sさん寄稿

アルマトイツアー参戦記Part7

 

"9/27 ついに帰国"

 

アルマトイ最終日
9月27日


市内観光から始まり

プレパーティ

コンサート

アフターパーティー、ファンミーティング

MV撮影聖地巡り

濃密なアルマトイでの日々を過ごし、今日は最終日。

フライトは夜の11時です。

 

ホテルのチェックアウトが正午だったので、荷物のパッキング等で午前中をそれぞれ過ごしてから、DJFCメンバー6人は正午にホテルロビーに集合しました。

チェックアウトをし、荷物はホテルのクロークにお預け。

 

その後、6人揃ってホテルから徒歩5分程のKazakhstan Museum of Arts(国立美術館)へ。

広い館内は学生さんらしきグループと私達だけでした。

↓ 昨日まで行っていたチャリン渓谷でしょうか

湖の絵画も

カザフスタンの歴史ある絵画や織物

新進気鋭のカザフスタン作家のアート作品や西洋の絵画と

カテゴリー別にかなりの展示数でした。

↓ ガラス瓶を使った牛

面白いアイデアですね。

入館料500テンゲ(日本円にして151円)

国によって給与基準や物価は違いますが、日本からしたらかなりお安く感じます。

(カザフスタンは国土が広大ですからタクシーに乗ってもかなりの距離を走ります。

それでも1000~2500テンゲ(303円〜759円)

地下鉄に至っては80テンゲの均一料金です。)

 

美術館を出た後は、

ショッピング組ホテルのラウンジでゆっくり過ごす組に別れて別行動。

私はホテルで過ごす組に😅。

 

ゆったりしたラウンジで5時間近く過ごしました。

日本だったら5時間もいれば追い出されるところでしょうが、

そこはカザフスタン。

時間がゆっくりとおだやかに流れているのです。

他のお客さんもゆっくり過ごしています。

家族にLINEで連絡出来る貴重な時間でした。

ここで、遅い昼食を。

Mさんが「テンゲを使ってしまいたいから」と、ご馳走して下さいました。

『シェフお薦めハンバーグセット』

すごいボリュームです。

Mさんは『カザフビール』も注文。

ビールのお味は、日本のサッポロビールに似ていて、苦味は少なめで、コックリとした味わいで美味しかったとか。

 

一方、ショッピング組は、巨大ショッピングモールでお買い物をしたそうです。

リンゴの街アルマトイのショッピングモールのディスプレイは

やっぱりリンゴ

Svetaママ御用達のドレスのお店でショッピング

モール内で

ディマシュ発見!

ディマシュがブランドアンバサダーを務めるOppoの広告です。

ショッピングモール内にこんな広告が普通にあるなんて、いいなぁ。

Oppoは今回のディマシュのコンサートのオフィシャルスポンサーの一つ。

※そう言えば、24日のファンミーティングでも、ディマシュはこのスマホで自撮りしていましたね。

↓ (このアクリルスタンドが欲しい~)

ショッピング組さん達は、モール内のフードコートでお食事。

美味しそうです。

 

さて、夕方5時近く

ショッピングから帰って来たDJFCメンバーと合流。

買った戦利品を見せて貰ったりお喋りしたりしながら残りの時間を過ごし、

ホテルから空港まで送ってくれる車を待ちました。

飛行機は23時発ですが、早めの予約(19:00)をお願いしてありました。

 

20時前に空港に到着。

これでいよいよアルマトイとお別れです。

出国エリアに行きましたが、結構な混雑でした。

日本だと、各航空会社のカウンターがズラリと並び そこで搭乗手続きをしますが、カウンターが見当たりません。

どうやらアルマトイ国際空港はまず保安検査場を通って、それから搭乗手続きをするようです。

20時から保安検査が始まるようですが、係の人がなかなか現れず、保安検査を待つ人の行列が出来ました。

ちなみにアルマトイ国際空港は小さな空港で保安検査場や出国を待つエリアも1ヶ所だけ。

『きゃ〜💓

ディマシュもココを通ったんだわ』

なんて思いながら待ち、やっと検査が始まりました。

私のトランクが重そうに見えたのでしょう。親切な男性がベルトコンベアーにトランクを乗せてくれました。

保安検査が終わり、航空会社のカウンターへ。

一週間前のカザフスタン入国時より、コロナ関連の検査が少し厳しくなっているように感じました。

私は口頭で「ワクチンは3回接種してるか」の質問に「YES」で通れましたが、抜き打ちで「接種証明を提示しなさい」と言われたメンバーもいたようです。

マスクも必ず着用でしたが、先程 私のトランクをベルトコンベアーに乗せてくれた男性のパートナーがマスクをお持ちで無いご様子。

すかさず先程のお礼とマスクをプレゼントしました。

当の男性はポケットからクシャクシャのマスクを出しておられましたが、そこでも見知らぬ男性が新品のマスクを差し出し、

「親切は親切を生むんだわ」と清々しい気持ちになりました。

 

さて、最後の出国検査を受けて待合室へ。

 

アルマトイでの最後の写真撮影の為にDJFCの小バナーをバッグから取り出し広げると、

向かいに座っている男の子が親指で👍🏻👍(いいね!)と😆

『この子に写真撮影を頼もう』と密かに決めて、メンバーが揃った所で「Can you take a picture?」と頼んでみました。

すると、なんと彼から流暢な日本語が返って来ました!

聞けばカザフスタン国立大学から東京外国語大学に留学するところだそうです。

カザフの将来を背負って立つ優秀な学生さんなんですね✨

日本への留学生さんに撮ってもらいました

留学生さんは、私達のバナー写真を撮ってくれた後に

「自分のスマホでも撮って良いですか?」と。

 

もちろんですとも❣️

 

お礼にDJFCのポストカードと缶バッジをあげると、その喜び方がハンパなく、

『ディマシュは若者たちの英雄的存在なんだなぁ』と、嬉しく感じました。

学生さん達の引率らしき教授?にもポストカードや缶バッジを見せる仕草の可愛い事😊

(学生の皆さん、本当に日本語がお上手で、字も読めるらしく、語学が出来ない自分が恥ずかしい😅)

 

1人の女学生が背中にドンブラを背負っていて

なんと私達にカバーを開いて見せてくれました。

「ディマシュのドンブラはとても上手で、私はあんなには弾けません」と言いながらも、スマホ画面を音叉にして調律しながら1曲弾いてくれたり指の使い方を教えてくれたりしました。

ドンブラを持たせてもらったMさん

最後の日の空港でこのような素敵な出会いがあったのも、またディマシュのおかげです。

 

さて、搭乗する時間が近くなりましたが、一向にゲートが開きません。

カザフスタンの"Soon"

やはり

"Soonではない"のです😅

 

30分以上遅れて、やっとゲートが開き搭乗。

機内は ほぼ満席です。

キルギスやウズベキスタンの方々もアルマトイまでやって来て韓国や日本に向かうらしいです。

飛行機はかなり遅れて離陸しました。

 

飛行機の窓から見下ろすアルマトイの夜景。

またいつか

さて、

アルマトイ⇒仁川空港⇒福岡空港と乗り継ぐ私。

仁川から福岡への乗り継ぎ時間がそもそも1時間しかありません💦

遅延したら大変だと心配していましたが、飛行機は予定時刻通り7時40分に仁川国際空港に着陸しました。

8時15分には福岡への乗り継ぎゲートに着いていなければなりません。

置いていかれたら、たまりません

走らねば。

 

仁川空港はとにかく広い💦

 

乗り継ぎ通路を

ひた走り

 

保安検査を受けて

また

ひたすら走り

残っていた最後の体力を振り絞り、

なんとか乗り継ぎに間に合いました。😅

もうヘロヘロです

でも、日本行きの飛行機に乗ってしまえば、もう安心。

仁川から福岡までの1時間40分、安堵もあってほぼ爆睡しました。

 

福岡に着陸。

台風に翻弄された行きの前々泊も入れれば、約10日ぶりです。

 

空港から地下鉄に乗り45分

駅には夫がお出迎え。

無事に自宅にたどり着きました。

◆◆◆

このようにして、

私の2022アルマトイ参戦

終わりました。

カザフ出入国スタンプ 9/20~9/27

準備段階から大変な事も多かったけれど

そして、行ってみても計画通りに行かなかった事もあったけれど(SIMカードが使えなかったり)

終わってみれば、

全ての事が愛おしく思い出され、

本当に貴重で素晴らしい体験をさせて貰ったのだなと思い返しています。

準備の早い段階からDJFCでアルマトイ参戦者のためのグループを立ち上げてもらい、様々な情報を皆で共有したおかげでコンサートのチケットを入手できた事。

そのほかの大事な情報もいち早く共有できました。

日本からはなかなか買えなかったファンミーティングのチケットも、海外ファンとのネットワークで人数分をすぐに入手して頂けました。

また、バナーやポストカードをDJFCから用意していただいたおかげで、何処に行っても大歓迎を受けました。

本当に感謝致します。

世界中のDearsとの交流も忘れられません。

どこで出会っても、

どこの国もDearsも

フレンドリーでした。

特に、ニューヨーク在住のDJFC会員Nさんのおかげで知り合えたハンガリーDearsのLさん(ファンミーティングのチケットを融通してくれました)は、

どこに行ってもすぐに私を見つけて

「S~!」と名前で呼びかけてくれ、

毎回ハグしてくれました。

ハンガリーDearの優しいLさん

帰国後、Facebookで彼女のアカウントを見つけご挨拶したら、親切にも私の映っているカザフのTV番組全てのリンクを貼って返信してくれました。

あんなに沢山撮られていたとは😅

 

本当に、皆さまの親切に、

感謝、感謝の旅でした。

 

参戦メンバーの皆さま

お疲れ様でした

 

そして

ありがとうございました💝

カザフのチョコレート

◆◆◆

2022アルマトイコンサート参戦記 

↓ Part1はこちら

涙あり喜びありの出発編/Sさん

アルマトイ ソロコンサート参戦記【Part1】

 

↓ Part2はこちら

9/21 盛り沢山市内観光編/Mさん

アルマトイ ソロコンサート参戦記【Part2】

 

↓ Part3はこちら

9/22 世界のDearsと交流プレパーティ編/Hさん

アルマトイ ソロコンサート参戦記【Part3】

 

↓ Part4はこちら

9/23 感動のコンサート編/Iさん

アルマトイ ソロコンサート参戦記【Part4】

 

↓ Part5はこちら

9/24アフターパーティ&ファンミーティング編/Yさん

アルマトイ ソロコンサート参戦記【Part5】

 

↓ Part6はこちら

9/25~26 天国巡りと地獄詣で チャリン渓谷小旅行編/Mさん

【アルマトイ ソロコンサート参戦記【Part6】

 

★★★

2021年11月28日

TOKYO JAZZ 20thにオンライン出演したディマシュの、

日本語"行かないで"のパフォーマンスを是非ご視聴ください。

youtu.be

★★★

↓ ディマシュの歌をSpotify公式で聴いてみよう!

open.spotify.com

★★★ 

このブログのトップページに行くにはこちらをクリック

★★★

↓ ディマシュ ジャパン ファンクラブ公式サイト

dimashkudaibergenjapan.com

↓ディマシュ ジャパン ファンクラブのSNS

&ディマシュ本人の公式サイト・SNSリンク集

f:id:DimashJapanfanclubofficial:20201003165644j:plainf:id:DimashJapanfanclubofficial:20201003165710j:plain

f:id:DimashJapanfanclubofficial:20201003165735j:plainf:id:DimashJapanfanclubofficial:20201003165832j:plain

↓ ディマシュ ジャパン ファンクラブご入会方法はこちら

dimashjapanfanclubofficial.hatenablog.com

当ブログ全体のトップページへ行くにはこちら

 

【DJFCより投票のお願い】

※このブログは2つのランキングサイトに登録しています。

まだまだ日本では知られていないディマシュを日本に広めるために、

一日に一回、

2つのランキングサイトへの投票のご協力をお願いします。

登録などは何も必要なし

アカウントを作る必要もなし

ただ、ポチるだけです。

ランキングサイトバナーをポチって頂くだけで

当ブログにランキングポイントを付けて頂けます。

(↓SAMPLE画像参照してください)

f:id:DimashJapanfanclubofficial:20220118221250j:plain

↑これはサンプル画像です。

ポチって頂きたいホンモノのランキングサイトバナー(ディマシュの写真)は、

↓この下にあります。

ご協力ありがとうございます。