ディマシュ・クダイベルゲン/ Dimash Qudaibergen  

公式 ディマシュ ジャパン ファンクラブ/Blog by Dimash Japan Fan Club Official

インドでのお仕事ディマシュ/TEDxGatewayほか

Dimash Newsが更新され、11/18のインドでのTEDxGatewayの様子をアナウンスしていますのでご案内します。

 

以下 引用&抄訳

TEDxGatewayで講演したディマシュ

11月18日、インド・ムンバイで開催されたTEDxGatewayカンファレンスで、ディマシュ・クダイベルゲンがパフォーマンスを行いました。

アジア最大級のイベントのステージで、"Golden"、 "S.O.S"、 "Give Me Your Love"が初めて演奏されたのです。

 

TEDxGateway国際会議は、"意義ある新しいアイデアを探求し、共有する"というTEDxの世界的な使命のために開催されます。

異なる文化や国から著名な人物が毎年集まり、世界に対する理解を深めようとするイベントです。

会場は、国立舞台芸術センター(NCPA)。

アメリカの著名なモダニスト建築家フィリップ・ジョンソンと伝説的な音響学者シリル・ハリスによって設計されたこの劇場は、1982年に開館しました。

現在では、インド古典音楽コンサート・西洋室内楽・演劇の会場としてムンバイで有名な場所となっています。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Dimash Qudaibergen(@kudaibergenov.dimash)がシェアした投稿

今年の会議では、気候変動に強い医療システムの構築について、歴史・政治・宗教・文化の相互関係を反映した現在の動向を探りながら問題を提起しました。

各分野のリーダーである講演者たちは、スポーツにおけるインクルージョンとフェアネスに関する革新的なアイデアについて語り、男女平等問題に関して女性の権利を擁護し、精神哲学の観点から幸福を得るための秘訣を解き明かしました。 

【中略】

ディマシュ・クダイベルゲンは、彼の創造性の異なる側面を反映した3つの楽曲を国際的な聴衆に披露しました。

ディマシュとDearsのファンダムは、有名なプロデューサーのラルフ・サイモン氏によって紹介されました。

アーティストの創作活動において重要な役割を果たした最も有名な曲のひとつであるフランス語の名曲「S.O.S」は、演奏者にとって新しい国、インドで再び観客を魅了したのです。

人生を肯定するような英語の"GOLDEN"には、進歩的な若者らしい正義への憧れや目標達成の不可欠性が反映されていました。

ディマシュの歌った"Give me your love"は意欲とポジティブ感に満ち溢れ、この夜の締めくくりとして、客席とスクリーンの前の観客に今後のミーティングへの活力を与えてくれたのです。

【引用ここまで】

ru.dimashnews.com

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ディマシュジャパンファンクラブ(公式)DJFC🇯🇵(@dimash.japanfanclub)がシェアした投稿

 

※パフォーマンス動画は公式アップをお待ちください。

 

◆◆◆

ディマシュとKanatパパがインドでの様子をいくつかポストしています。

 

↓ ラルフ・サイモン氏とHUNGAMA(音楽配信社)訪問

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Dimash Qudaibergen(@kudaibergenov.dimash)がシェアした投稿

 

↓ インタビューを受ける

(抜粋書き起こしはこちらから)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Dimash Qudaibergen(@kudaibergenov.dimash)がシェアした投稿

 

↓ インタビューのついでに、Hungama ArtistAloudのコマーシャルに一役買う。

"Hello, I am Dimash Qudaibergen. 
You can always listen to independent, free content only on Hungama ArtistAloud."

《Hungama ArtistAloud で、いつでも、インディペンデント・アーティストの無料コンテンツが聞けますよ!》

 

 

↓ ローリング・ストーン誌の撮影に臨む。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Канат Айтбаев(@kanat_sveta_aitbayevtar)がシェアした投稿

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Канат Айтбаев(@kanat_sveta_aitbayevtar)がシェアした投稿

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ディマシュジャパンファンクラブ(公式)DJFC🇯🇵(@dimash.japanfanclub)がシェアした投稿

 

↓ ラルフ・サイモン氏と

"インドでは、ラルフ・サイモン氏と共に、かなり実りある仕事をしてきました。

この先も面白い事、新しい事がたくさん待っています。"

【会話翻訳】

S:今、どこにいるでしょう?

私達は…クリエイティブランドにいますよ!

D:イェーイ👍

僕たちはクリエイティブランドにいるんですね。

S:そうだよ。きっとクリエイティブだよ。

D:僕たちのインド滞在の日について お話しください。

S:オーマイガー! 私達はインドで素晴らしい時間を過ごしたね。

だってDimashがムンバイにあるNCPAのメインシアターとTEDxGatewayの大きなイベントでそれぞれパフォーマンスをしてくれたしね。

観客は歓喜で叫んだり踊ったりしてね…みんな君を大好きになってたよ!

D:イェーイ‼‼

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Dimash Qudaibergen(@kudaibergenov.dimash)がシェアした投稿

 

"おやすみ"

お仕事お疲れ様です(うっすら顎髭が)

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Dimash Qudaibergen (@kudaibergenov.dimash)

www.instagram.com

 

◆◆◆

Kanatパパが投稿した、ムンバイの様子。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Канат Айтбаев(@kanat_sveta_aitbayevtar)がシェアした投稿

 

近代と古い街並みが同居する都市、ムンバイ。

異国情緒があって

素敵ですね。

 

★★★

最新作

"Requiem:The Story of One Sky"

DimashAli Director - Kanat Aitbayev
Music -  Dimash Qudaibergen
Lyrics - Liliya Vinogradova
Directed by - Alina Veripia

※設定で字幕をオンにし、言語の中から日本語を選択してください。

youtu.be

↓ デジタルリリース情報はこちら

dimashjapanfanclubofficial.hatenablog.com

★★★

おねがい

このブログのすべてのページの記事の文章・翻訳・画像・動画などを保存・コピー・改変してあなたのブログやあなたのSNSその他に使うことはおやめください。

★★★

↓ ディマシュの歌をSpotify公式で聴いてみよう!

open.spotify.com

 

★★★

↓ ディマシュ ジャパン ファンクラブ公式サイト

dimashkudaibergenjapan.com

↓ディマシュ ジャパン ファンクラブのSNS

&ディマシュ本人の公式サイト・SNSリンク集

f:id:DimashJapanfanclubofficial:20201003165644j:plainf:id:DimashJapanfanclubofficial:20201003165710j:plain

f:id:DimashJapanfanclubofficial:20201003165735j:plainf:id:DimashJapanfanclubofficial:20201003165832j:plain

↓ ディマシュ ジャパン ファンクラブご入会方法はこちら

dimashjapanfanclubofficial.hatenablog.com

当ブログ全体のトップページへ行くにはこちら

 

【DJFCより投票のお願い】

※このブログは2つのランキングサイトに登録しています。

まだまだ日本では知られていないディマシュを日本に広めるために、

一日に一回、

2つのランキングサイトへの投票のご協力をお願いします。

登録などは何も必要なし

アカウントを作る必要もなし

ただ、ポチるだけです。

ランキングサイトバナーをポチって頂くだけで

当ブログにランキングポイントを付けて頂けます。

(↓SAMPLE画像参照してください)

f:id:DimashJapanfanclubofficial:20220118221250j:plain

↑これはサンプル画像です。

ポチって頂きたいホンモノのランキングサイトバナー(ディマシュの写真)は、

↓この下にあります。

ご協力ありがとうございます。