ディマシュ・クダイベルゲン/ Dimash Qudaibergen  

公式 ディマシュ ジャパン ファンクラブ/Blog by Dimash Japan Fan Club Official

【書き起こし】Artist Aloudインタビュー

本記事は、ディマシュの今月のインド滞在中に収録され、11月25日に配信された

Hungama Artist Aloudのインタビューの日本語書き起こしです。

 

このインタビューの公式動画は書き起こしの末尾にあります。

 

以下 日本語書き起こし

 

"Exclusive Interview"

Artist Aloud 独占インタビュー

2022.11.25

インタビュアー:RJ Urmin

U:ハーイ、みなさん、RJ Urminです。

HunGamaへようこそ!

U:今日のゲストは、シンガーソングライター、マルチ楽器奏者、パフォーマーで、マジックを起こす人、カザフスタンからやって来て下さいました、ミスターDimashです。

こんにちは、今日は如何ですか?

D:こんにちは、あなたは如何ですか?

U:ハロー…ナマステ!

(Dがインド式挨拶をしているのを見て、慌ててクリップボードを置いて手を合わせて挨拶をする)

D:インドスタイルで…

U:お会いできて嬉しいです。

(カザフスタンからの)フライトは如何でしたか?

なぜ今回はインドにお越しになったのでしょう?

D:まずは…

D:"あなたとのインタビューのため"ですね。

D:そして、大切な日、TEDxのカンファレンスでパフォーマンスをする予定です。

この機会をお借りしまして、僕のチームメンバーとこの機会を作ってくださった Miseralさんに感謝したいと思います。

U:素晴らしい。

U:Dimash、あなたの音楽についてはいろいろと有名ですが、その中でも一番は、もちろん あなたの声域ですよね。

本当に美しい!

このような声域を持っていることで有名になったのについては、どんなお気持ちでしょう。

ずっと"特別な音域に到達したい"と願っていらっしゃったのでしょうか?

D:僕の声域についてですが…僕が思うに…歌手にとって、声域は一番大事なものではなくて…それはボーナスを得たようなもので、

D:(歌手にとって)最も大事なのは、心から歌うことで、心で感じて歌うこと、ボーカルの構成、アイデア…

"音楽的なアイデア"が大事なんです。

ですから、声域(が広いということ)は、ボーナスなんですよ。

U:あなたはクラッシックを基礎から学ばれて、それをポップミュージックに取り入れていらっしゃる。

D:はい。

U:そのジャンルについて、お話しいただけますか?

D:僕は今 "ネオクラシック"というスタイルをやっています。

それはクラッシックのようで、ポップスのようでもある…複合的なもの…。

面白いスタイルだと思っています。

D:世界中の多くの人達が、このような(僕の)音楽を好きになり、応援してくれています。

世界中にいるファンに、僕を愛してくれ応援してくれていることに対して感謝したいです。

(カメラのほうを向いて)よろしければ、引き続き僕を応援してください。

僕も精一杯の努力を致します。

ありがとう。

U:素敵ですね。

U:2017年は、人気番組(中国の「歌手2017」)に出演して、あなたの人気が急上昇した年でもありますが、あの頃を思い出すと、どのようなお気持ちでしょうか?

人々の(あなたへの)愛が膨らんでいることには、どういう思われていますか?

D:(興奮気味に)まず…まずですね、

<歌手> での自分のパフォーマンスは、ボクどれもキライなんですよ。(笑)

U:え?ホントに?

D:ジョークです。

U:(笑)

D:<歌手> のプロデューサー*1(洪涛/ホン・タオ氏)にとても感謝しています。

当時、僕は22歳(という若さ)だったのですが、みなさん僕を信じて下さり、サポートして下さいました。

D:この国際的なコンペティションの後、たくさんのファンが 世界中にできました…僕はファンを"Dears"と呼んでいます。

ファンは僕の家族のようなもので、とても愛していますから。

今でも覚えていますが、(<歌手> の)最初の放送の後、生まれて初めてセキュリティーを連れて外に出ました。

奇跡のようでしたね。

よく覚えていますよ。

U:最初に 外に出て「おぉ、私 あなたのファンです!」みたいなことを言われた時のことは覚えていますか?

D:はい。

D:放送される前…僕はジャッキー・チェンさんのファンなのですが…僕のアイドルです。

第1ラウンドのリハーサルをしていた時…僕には願望がありました。

"ジャッキー・チェンさんに会えるチャンスがあったら…すごく嬉しい"

と思っていたんです。

D:そして、最初のラウンドの放送の後、多くのプロデューサーや歌手やファンが僕に電話をかけてこられました。

"(君のことが)好きになったよ"…みたいな内容で。

それは僕にとって光栄な事でした。

D:それから数日して、(なんと)ジャッキー・チェンさんからお電話を頂いて…。

U:おぉ!

D:「君の音楽が気に入ったよ、応援するよ」というようなことを言って下さいました。

D:そして翌日、ジャッキーさんのスタジオでお会いすることができました。

プレゼントを頂いて…。

U:"信じていれば、夢は実現する"ですよね。すごいことですよね。

D:はい。

この機会に申し上げたいのですが、一番大切なのは、一生懸命やれば(人は)成長できると思うのです。でも、大切なのは、"いつも神様を信じて 感謝しなければいけない"ということ。

D:多くのかたがたが一生懸命やっていると思いますし、他の人よりも頑張っているかもしれません。

つまり、「人より才能があるかもしれないのに、そういう場所(地位)につけない・そういう機会に恵まれない人」もいらっしゃるのですから、だからこそ、裕福になったり有名になれた人達は、"それが神様から与えられたものだということ"を思い出すべきだと思っています。

U:(母国)カザフスタンについてお話しいただけますか?

D:おお! カザフスタン!

…カザフスタンは僕の愛する国です。

カザフスタンは、僕の…(感動している)

U:カザフスタンに旅行で行く人に、どこに行ったらいいか、あなたのお薦めはどこでしょうか?

D:まずはアスタナですね…カザフスタンの首都です。

(カザフスタンは)世界でも大きな(面積の)国の一つです…トップ10に入ります。

D:カザフスタンの人達は、インドの映画が大好きです。ホントですよ。

U:インドの映画はご覧になりますか?

D:もちろんですよ!

U:どの映画が記憶にありますか?

D:僕が知っているのは

♬Jimmy Jimmy, Aaja, Aaja♬(映画 <Disco Dancer(1982)> の劇中歌)

…(笑)

D:それと…テレビドラマの…

カザフ語では(ドラマ名が)分かるんですけど…

通訳さんはどこにいますか?

(通訳さんが答える)

U:<Kyunki Saas Bhi Kabhi Bahu Thi(2002-2008)> ですか?

※「義母もかつては嫁だったから」の意味のドラマ名の、全1833エピソードのロングテレビ(メロ)ドラマ。

en.wikipedia.org

D:それ?

U:それですか?

D:このテレビドラマは、カザフスタンでは非常に有名なんですよ。

U:ワァ~オ!

D:そうなんですよ。みんながこれを見ていました。

それと、当然 Mithun Chakraborty(ミトゥーン・チャクラボルティ)さん(インドの俳優、プロデューサー、政治家…Dが好きだと言っていた映画 <Disco Dancer> の主役)は僕の国では大スターです。

Shar Rukh Khan(シャー・ルク・カーン)さんは、みんなに愛されていますしね。

U:カザフスタンのフォークミュージック(民謡)についてお話しいただけますか?

D:若い人たちの多くも自分たちの民謡が好きなのは事実です。

彼らも伝統音楽も大事にしていますし、とてもクリエイティブで、伝統音楽を"新しい形"にしようとしています。

U:民謡というのは、どんなアーティスト…特にミュージシャンにとっては、大切な役割を持っているものですよね。

D:もちろん。

U:それは(音楽の)"ルーツとなるものだ"と思いませんか?

D:勿論です。

僕が15歳の頃、伝統民謡である <Daididau> という曲をアレンジしました。

僕のファンはみんなこの曲を知っていますよ。

U:今回が初めてのインドということですが、如何ですか?

何をご覧になりましたか? 何を召し上がりましたか?

D:何でも食べられます。

U:スパイシーなのも大丈夫ですか?

D:大丈夫です。(イスラム教徒なので)豚肉は食べませんが。

何でも食べますよ。

U:(インドに来てからの)数時間ほどで、何か特別に食べたものはありますか?

D:肉を食べました。

U:チキンピカタとかバターチキンとか…

D:チキンですね。

インド料理はとても美味しいと思いますよ。

U:それは良かった。

 

U:あなたは13か国語で歌われていますよね?

D:はい。

U:ヒンディー語の歌もリストに載るでしょうか?

D:あぁ、もちろん頑張りたいと思います。

でも…インドの言葉はすごく豊富で難しい言語なので、相当頑張らないといけませんけど…。

U:最初にもう「ナマステ」とおっしゃったので、結構イケていますよ。

U:ショートフィルムについて、お話ししたいと思います。

13分の作品で伝えているのは、戦争を終わらせるのが如何に大切なことか、ということですよね。

D:あぁ、この<The Story of One Sky> は、僕が3年前の25歳の時に書き始めたんです。

最も大切なのは、カザフ人とか、アメリカ人とか、ロシア人とかは関係なく、大事なのは、"世界を愛する"ということ。

D:どんな地域(国)も尊重すること。

お互いを、尊重し合うこと。

D:今、世界ではたくさん戦争が行われています。

それは何のためか?

みんなお金が目的なのですよ。お金を得る為です。

でも、それでは子供はどうなる?

彼らの命はどうなる?

みんなそういうことを忘れてしまっています。でしょ?

D:ほんの少しの人達でも、僕がこの曲を創作した理由を理解して下されば、僕の使命は果たせたと思うのです。

U:<The Story of One Sky> を是非聴いてください。

きっと心に感じるところがあるはずです。

 

U:最後にお伺いしたいのですが、

あなたも"Mithun Chakrabortyの大ファン"ということで…

U:Bollywood(ボリウッド)は、ダンスで有名ですよね?

あなた自身もパフォーマーですが、ヒンディー ダンスやBollywood ダンスをいくつかご存じですか?

D:おぉ、いやァ…

自信ないですね。(笑)

U:簡単ですよ、座ったままでもできます。

D:あなたはインドのかただから、そりゃ簡単でしょう!(笑)

U:お教えしましょう。

まず手をこんな感じにして…肩を上下に動かして…

D:上下に、上下に…

U:そして、そのまま左右に揺れるんです。

D:こんな感じ…

U:オーマイガー! プロですねぇ!

D:OK!

U:今日はありがとうございました。

次回のショーでこの動作を取り入れてくださいね。

ありがとうございました。

D:ありがとうございました。

D:アイラブユー みなさん!

 

↓ 動画 約12分52秒

youtu.be

 

★★★

最新作

"Requiem:The Story of One Sky"

DimashAli Director - Kanat Aitbayev
Music -  Dimash Qudaibergen
Lyrics - Liliya Vinogradova
Directed by - Alina Veripia

※設定で字幕をオンにし、言語の中から日本語を選択してください。

youtu.be

↓ デジタルリリース情報はこちら

dimashjapanfanclubofficial.hatenablog.com

★★★

おねがい

このブログのすべてのページの記事の文章・翻訳・画像・動画などを保存・コピー・改変してあなたのブログやあなたのSNSその他に使うことはおやめください。

★★★

↓ ディマシュの歌をSpotify公式で聴いてみよう!

open.spotify.com

 

★★★

↓ ディマシュ ジャパン ファンクラブ公式サイト

dimashkudaibergenjapan.com

↓ディマシュ ジャパン ファンクラブのSNS

&ディマシュ本人の公式サイト・SNSリンク集

f:id:DimashJapanfanclubofficial:20201003165644j:plainf:id:DimashJapanfanclubofficial:20201003165710j:plain

f:id:DimashJapanfanclubofficial:20201003165735j:plainf:id:DimashJapanfanclubofficial:20201003165832j:plain

↓ ディマシュ ジャパン ファンクラブご入会方法はこちら

dimashjapanfanclubofficial.hatenablog.com

当ブログ全体のトップページへ行くにはこちら

 

【DJFCより投票のお願い】

※このブログは2つのランキングサイトに登録しています。

まだまだ日本では知られていないディマシュを日本に広めるために、

一日に一回、

2つのランキングサイトへの投票のご協力をお願いします。

登録などは何も必要なし

アカウントを作る必要もなし

ただ、ポチるだけです。

ランキングサイトバナーをポチって頂くだけで

当ブログにランキングポイントを付けて頂けます。

(↓SAMPLE画像参照してください)

f:id:DimashJapanfanclubofficial:20220118221250j:plain

↑これはサンプル画像です。

ポチって頂きたいホンモノのランキングサイトバナー(ディマシュの写真)は、

↓この下にあります。

ご協力ありがとうございます。

*1:ディマシュは、中国式の名を迪玛希·库达依别列根(迪瑪希・庫達依別列根)として、ホン・タオ(ゼネラルプロデューサー)の推薦で歌手2017に参加しました。当時の中国での知名度はほぼなく特別参加(Wild card)扱いでした。